シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 佐古田彰 4年ゼミ
担当教員(所属)/Instructor 佐古田 彰 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 4 , 火/Tue 5
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 4年
単位数/Credits 12
研究室番号/Office 佐古田 彰(電子メール:
sakota@res.otaru-uc.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 佐古田 彰(随時。
ただし、事前に電子メールで連絡すること。電話連絡には応じない。)
更新日/Date of renewal 2015/02/23
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
卒論指導を行う。
達成目標
/Course Goals
自分で設定した問題に対し、適切な国際法規則を根拠とし、関連する先例と学説を充分に理解した上で、説得力ある法的論理により、自分の結論を示すことを、期待する。
成績評価の基準は、3年ゼミのものと同じ。
授業内容
/Course contents
前期
第1〜5回 卒論テーマを探し、決める。第1回卒論報告を行う。
第6〜10回 卒論テーマに関連する文献と先例を探し、理解する。第2回卒論報告を行う。
第11〜15回 卒論テーマに関連する国際法規則を見つけ、その適切な解釈を理解する。第3回卒論報告を行う。また、第1回の卒論原稿を提出し、教員が添削を行う。
第16〜20回 卒論の概要と結論への理屈をまとめる。第4回卒論報告を行う。第2回の原稿を提出し、教員が添削を行う。また、注の書き方などを身に着ける。
第21〜25回 卒論をほぼ完成させる。第5回卒論報告を行う。第3回の原稿を提出し、教員が添削を行う。
第26〜30回 最終の卒論報告を行う。最後の原稿を提出し、教員が添削する。充分な水準に達した場合、完成原稿を大学に提出する。
使用教材
/Teaching materials
ゼミの場で個別に指示する。
成績評価の方法
/Grading
卒論が充分な水準にあるかどうかによる。
具体的には、3年ゼミでの基準と同じ。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る