シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 林松国 4年ゼミ
担当教員(所属)/Instructor 林 松国 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 4 , 火/Tue 5
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 4年
単位数/Credits 12
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/23
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
中小企業が主な研究の対象となります。日本の中小企業は全企業数の99%以上、従業員数の約70%を占めており、中小企業は日本経済の活力の源泉です。また、一口に中小企業と言っても、そこには家族で経営する個人商店、長寿型老舗企業、ベンチャー企業、隠れたチャンピオン企業など、その規模・態様は実に様々です。本ゼミでは多種多様な中小企業の本質を分析するために、競争戦略、イノベーション、産業集積、の3つの視点から中小企業の発展性と問題性について理論的、実証的に研究します。
また、本ゼミは主に日本の中小企業を研究するが、そのために大企業との比較研究も学習内容の一部であり、また、東アジアの中小企業研究も視野に入れています。
達成目標
/Course Goals
3年次の前期において、中小企業理論に関するテキストと参考書について輪読します。3年次の後期では、イノベーションや産業集積に関するテキストと参考書について輪読します。輪読は個人あるいはグループを分けて、指定された文献を事前に読み、ゼミの場で報告と討論をする方法で行います。討論には積極的に参加することが求められます。
4年次は、各自の興味・関心に応じて研究テーマを設定し、研究報告・討論を順次に積み重ね、卒業論文を作成していきます。
また、中小企業の実態に対する理解を深めるために工場・企業見学を実践する予定です(ちなみに、2014年度に北海道と東京のものづくり中小企業を訪問した)。
授業内容
/Course contents
-
使用教材
/Teaching materials
テキスト:渡辺幸男・小川正博・黒瀬直宏・向山雅夫『21世紀中小企業論』有斐閣アルマ
     近能善範・高井文子『イノベーション・マネジメント』新世社

参考書:黒瀬直宏『複眼的中小企業論』同友館
延岡健太郎『MOT[技術経営]入門』日本経済新聞社
一橋大学イノベーション研究センター『イノベーション・マネジメント入門』日本経済新聞社
    渡辺幸男『現代日本の産業集積研究』慶應義塾大学出版会
    『中小企業白書』各年
その他
成績評価の方法
/Grading
-
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る