シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 市原啓善 4年ゼミ
担当教員(所属)/Instructor 市原 啓善 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 4 , 火/Tue 5
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 4年
単位数/Credits 12
研究室番号/Office 市原 啓善(1号館(研究棟)301号)
オフィスアワー/Office hours 市原 啓善(随時可
(予約の必要はありませんが、在室時を事前にメールにて確認頂ければ確実に対応はできます))
更新日/Date of renewal 2015/02/23
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
<研究主題> 財務会計論、税務会計論。
 財務会計や企業価値評価に関する基本的な事項について学修します。まず、制度的な議論やデータ分析の基礎について学び、つぎに実際の企業の会計情報を取りあげて調査、研究を行います。
達成目標
/Course Goals
1. 財務諸表を構成する基礎的な理論や構造の理解
2. 企業の財務諸表データ・株価データ等を用いた財務分析のための知識や能力の習得
授業内容
/Course contents
[前期:基礎編]
会計学の総合的な基礎知識を習得するために、テキストを輪読します。
テキストは、ゼミ生の関心のある分野(財務会計、財務分析、税務会計、コーポレートファイナンスなど)の基本書を選定します。

[後期:実践編]
グループごとに興味のあるテーマを設定し、調査・研究を行います。
使用教材
/Teaching materials
伊藤邦雄 (2014)『新・企業価値評価』日本経済新聞社
その他、ゼミ生の関心のある分野の基本書を選定。
成績評価の方法
/Grading
輪読時の報告、企業分析の報告・レポート、出席などを総合的に評価する。
成績評価の基準
/Grading Criteria
秀(100-90) 財務会計論についての理解が特に秀でており、ほぼ完璧に習得している
優  (89-80) 財務会計論についての理解が優れており、全般的に習得している
良  (79-70) 財務会計論についてほぼ理解しており、大体習得している
可  (69-60) 財務会計論について理解力を示し、最低限習得している
不可(59-0) 財務会計論についての十分な理解力を持たない等、上記以外
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る