シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 荻野富士夫 3年ゼミ
担当教員(所属)/Instructor 荻野 富士夫 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 4 , 火/Tue 5
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年
単位数/Credits 12
研究室番号/Office 荻野 富士夫(ogino@res.otaru-uc.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 荻野 富士夫(415研究室 水曜日 12時から14時 (留守の場合がありますので、上記のアドレスに連絡してください))
更新日/Date of renewal 2015/02/24
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
日本近現代史についての基礎的知識、歴史についてのさまざまな見方を理解し、過去とつながる現代の諸問題を考える視点を養う。
達成目標
/Course Goals
日本近現代史に関する近年の研究傾向を積極的に摂取し、歴史の書き換えが不断におこなわれていることを理解する。
また、基本的な史料の読解力を身につけ、卒論のテーマ選択・作成を主体的におこなえるようにする。
授業内容
/Course contents
近現代史関係の新書などの文献読解と史料購読、さらに卒論の作成経過の報告を並行的におこなう。
使用教材
/Teaching materials
昨年度後半は『北海道の百年』をテキストとした。また、アジア歴史資料センターの史料群、本学図書館所蔵の『小樽新聞』マイクロフィルムを用いて、各自がテーマを設定し、報告した。
成績評価の方法
/Grading
ゼミへの主体的な参加を評価する。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る