シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 南健悟 3年ゼミ
担当教員(所属)/Instructor 南 健悟 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 木/Thu 4 , 木/Thu 5
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年
単位数/Credits 12
研究室番号/Office 南 健悟(Tel:5353・E-mail:kminami@res.otaru-uc.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 南 健悟(随時)
更新日/Date of renewal 2015/02/23
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
企業法務全般の検討。会社の経営には法律問題がしばしば登場します。多くの企業にとって法令遵守(コンプライアンス)が重視され、法令を無視した経営がなされた場合、多くの社会的非難だけでなく法的な責任が問われます。このゼミでは、会社経営にとって重要な法律問題について、商法・会社法を中心に、検討し、企業法務の基礎的な知識の定着を図ることが主題となります。また、このゼミではフィールドワークの一環として、企業法務等に携わる弁護士や、法人設立手続など法人法・会社法等の手続について、実際に携わっている専門家等からの講義等も予定しています。

達成目標
/Course Goals
このゼミでは、具体的な判例や事例を用いながら企業法務に関わる法的な問題の検討を行います。ここにいう企業法務には商法・会社法を中心に、民法・経済法・労働法なども含まれます。本ゼミでは、企業経営に伴って直面しそうな法的な問題を素材に、グループに分かれて報告、質疑応答等を行います。なお、具体的な判例や事例を検討するに当たっては、他大学のゼミとの合同ゼミ(平成26年度は、琉球大学、北星学園大学・北海学園大学との合同ゼミ)を行って、知識の定着や応用問題への対処方法を習得してもらいます。
 なお、4年次は自分で研究テーマを定めて卒業論文指導を行います。

授業内容
/Course contents
-
使用教材
/Teaching materials
教科書としては、商法Ⅰ〜Ⅲの教科書を使用します。
会社法については、江頭憲治郎『株式会社法(第5版)』(有斐閣)を参考書としてあげておきます。

成績評価の方法
/Grading
-
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る