シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 朝鮮語上級II
担当教員(所属)/Instructor 李 賢晙 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 専門共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/03/20
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
朝鮮語上級Ⅱの位置づけは「話せる外国語、理解できる外国語」です。短くて平易な文章から、少し複雑な文章に至るまで、徐々に分量を増やしながら様々なテキストを読んでいきます。まずは、基礎及び中級文法をしっかり復習し、次に上級レベルの文法に触れる予定です。この授業では、特に朝鮮語と日本語の差異について綿密に検討します。また文章の内容に応じ、多様な視聴覚資料を用いて韓国の文化や歴史、そして現在の韓国事情に至るまで、韓国に関わる様々な内容(文学・美術・朝鮮時代・日韓交流史など)を紹介していきます。ことばの勉強だけではなく、「目と耳で楽しむ」ことばと文化の総合的な理解を促します。授業の進行は日本語と朝鮮語を交互に使いますが、朝鮮語に慣れるように徐々に朝鮮語を増やしていきます。
達成目標
/Course Goals
・新聞の社説が読めるようになります。
・ニュースやドラマなどがより理解しやすくなります。
・半期分の授業をコツコツこなすことで、読解力の実力が目に見えて上達していきます。
・卒業論文のための韓国文献調査ができるようになります。
授業内容
/Course contents
第1週 朝鮮語の文章が読める魅力とは(ガイダンス)
第2週 短文のエッセイ―中級文法のまとめⅠ
第3週 短文のエッセイ―中級文法のまとめⅡ              
第4週 エッセイを読むⅠ           
第5週 エッセイを読むⅡ     
第6週 エッセイを読むⅢ       
第7週 韓国の教科書を読むⅠ 
第8週 韓国の教科書を読むⅡ
第9週 韓国の教科書を読むⅢ
第10週 練習―文法・文型のおさらい
第11週 新聞社説―長文を読むⅠ
第12週 新聞社説―長文を読むⅡ
第13週 新聞コラム―長文を読むⅢ
第14週 新聞コラム―長文を読むⅣ
第15週 総ざらい
使用教材
/Teaching materials
毎回プリントを配布する。
成績評価の方法
/Grading
出席を含む授業への参加態度及び、課題(80%)、期末試験 (20%)
履修上の注意事項
/Remarks
事前課題があるため、まじめに取り組む心構えが必要です。朝鮮語をより上達させたい人に適した内容です。なるべく最初のガイダンスに参加してください。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る