シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 中国語上級II
担当教員(所属)/Instructor 嘉瀬 達男 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 専門共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office 嘉瀬 達男
オフィスアワー/Office hours 嘉瀬 達男
更新日/Date of renewal 2015/02/16
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
中国語1・2で身につけた能力を更に向上させることを目的とします。特にリスニングと会話の訓練を行ない、聞き・話す能力の向上をはかります。
達成目標
/Course Goals
既習の内容を自在に駆使し、必要に応じてさまざまな場で運用できることを目標とします。
授業内容
/Course contents
リスニング専用教材を用います。教材は受講者の水準に合わせ、徐々にレベルを上げていきます。初・中級用のものからはじめ、最後には街頭で録音された会話教材を用いる予定です。
毎時、教材に取り上げられた内容に基づいて、会話練習を行ないます。時にはドラマやインターネットなどの映像を用い、実際の会話の速度に耳を慣らしていきます。
リスニング練習には情報機器・視聴覚機器を用い、会話練習は、教員と学生または学生相互の対話によって進めます。
使用教材
/Teaching materials
教材は印刷して配布します。また、e-learning上でも配布する予定。
参考書は授業で適宜紹介するほか、下記嘉瀬のHPでも情報を提供します。
成績評価の方法
/Grading
主に授業への参加度によって評価します。積極的な発言や取り組みを見ます。また、小テストも行ないます。
履修上の注意事項
/Remarks
予習・復習に時間をかければかけるほど、授業で積極的に発言できるようになることでしょう。特に発音練習に時間をかけることを勧めます。
リンク先ホームページアドレス
/URL of syllabus or other information
https://www.otaru-uc.ac.jp/~tkase/
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
授業の方法等
/-
対話型あるいは双方向の授業、情報機器、視聴覚機器を使用する授業

科目一覧へ戻る