シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject フランス語上級II
担当教員(所属)/Instructor 高橋 純 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 専門共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 木/Thu 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/03/03
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
原則として前期の「フランス語上級Ⅰ」の授業を引き継ぐ形をとるが、前期のこの「フランス語上級Ⅰ」の履修を必要条件とはしない。この科目を履修した者と同等のレベルにあると判断されれば受講を認めることができる。
達成目標
/Course Goals
フランス語の「読み、書き、聴き、話す」力について「自立している」と評価できるレベルに到達すること。ここで「自立」とは、自分の目的に応じて、同時に辞書を十全に活用する技術と能力を併せ持ちつつ、自身でフランス語の能力向上を進められる状態にあることを意味する。
授業内容
/Course contents
フランスの文化や社会について書かれた時事的な文章(新聞記事等)から歴史的な文章(文学作品、論文、歴史的文書)を「速読」、「多読」する。予習に際しては、辞書の日本語をつなぐだけでなく、構文や語法が辞書にどのように説明されているかに注意する。また、固有名詞やテーマの背景などに関して不明な点があれば必ずインターネット等であらかじめ調べておくこと。
使用教材
/Teaching materials
前期の「フランス語上級Ⅰ」で使用する教材を引き継ぐが、さらに適宜フリントを配布する。
成績評価の方法
/Grading
定期試験は行わない。各人の予習状況と授業時のパフォーマンスをもとに評価する。
・フランス語らしい発音
・構文をすばやく把握する能力
・語法の深い理解
・微妙なニュアンスを感得するセンス
・全体的な内容の理解
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る