シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 朝鮮語上級I
担当教員(所属)/Instructor 李 賢晙 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 専門共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/03/20
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
1年間習った朝鮮語の文法や語彙を踏まえながら、中級レベルの会話能力を養います。朝鮮語で聴いて分かる、問いかけて返事が出来る実践的なコミュニケーション応用能力を目指します。授業は平易な表現から、多様な語尾活用や修飾語を入れる表現に至るまで、順次に学習していきます。話題は身近な学校生活や趣味などの日常会話から、ドラマや時事問題にまで視野を広げ、朝鮮語で聞く・話すスキルを勉強します。
達成目標
/Course Goals
・朝鮮語で日常会話はもちろん、韓国旅行やビジネスに役立つ会話能力が身につきます。
・身近な時事問題や日常生活について韓国語でディスカッションができるようになります。
・韓国語同時通訳に挑戦します。
授業内容
/Course contents
第1週 朝鮮語で話す魅力
第2週 出会い
第3週 自己紹介             
第4週 日課           
第5週 道で     
第6週 店で       
第7週 電話で約束 
第8週 食堂で
第9週 友達の紹介
第10週 冬休みの計画
第11週 休み中の出来事
第12週 ニュースを聞く・話すⅠ
第13週 ニュースを聞く・話すⅡ
第14週 韓国文化についてディスカッションするⅠ
第15週 韓国文化についてディスカッションするⅡ
使用教材
/Teaching materials
金眞/松井聖一郎『(会話編)みんなで学ぶ韓国語』(朝日出版社、2008年)
成績評価の方法
/Grading
出席を含む授業への参加態度及び、課題(80%)、期末試験 (20%)
履修上の注意事項
/Remarks
授業のレベルは、初級レベルの文法や語彙を身につけている人であれば十分です。授業方式は演習形式で進められるため、積極的な参加が求められます。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る