シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 中国語上級I
担当教員(所属)/Instructor 裴 崢 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 専門共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/18
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
  中国語の基礎知識をマスターした学生を対象にし、更なる中国語応用能力の習得を目指す授業です。語学の実力を総合的に高め、中国文化、社会などへの理解を深め、学習者自身の研究課題、研究方法などへの取り込む意欲及び視野の拡大にも繋がるよう努めます。
 授業は基本的にテキストに従って進行します。反復実習を重視し、話す、読む力を伸ばし、伝言や日記など短い文章が書けるようにします。学生と教師、学生同士の反復実習を重視し、テキストに関する話題について討論したり、意見を発表したりする機会も設けたいと思います。
達成目標
/Course Goals
  習得した語彙や文法の知識を活用して、自分自身を表現することができるようにしましょう。
授業内容
/Course contents
  昨年度中国語ⅡAで試用したものの残篇を継続して学習します。この授業では特に「中国語を使う」ことに重点を置き、学生と教師、学生同士の反復実習を重視します。テキストに関する話題について討論したり、意見を発表したりする機会も設けたいと思います。
使用教材
/Teaching materials
『中国語の香り 講読編』裴崢
成績評価の方法
/Grading
  定期試験50%、出席30%、授業態度20%。授業回数の1/3以上欠席した者は、自動的に単位取得の権利を失います。

○秀 :学習した内容をほぼ完全に理解し、応用できる。
○優 :学習した内容を十分に理解し、応用できる。
○良 :学習した内容をおおむね理解し、応用できる。
○可 :学習した内容の基本を理解し、応用できる。
成績評価の基準
/Grading Criteria
  
履修上の注意事項
/Remarks
  受講者の皆さんには、積極的に授業に参加することを希望します。予習と復習をして授業に参加して下さい。中国語辞典は必須です。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る