シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject フランス語上級I
担当教員(所属)/Instructor 尾形 弘人 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 専門共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 木/Thu 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office 尾形 弘人(研究室(521)
Email : ogata@res.otaru-uc.ac.jp )
オフィスアワー/Office hours 尾形 弘人(木曜午後(メールで事前連絡があれば他の日時も可))
更新日/Date of renewal 2015/02/19
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
 2年次までに学んだフランス語をさらに発展させ、「読み、書き、聴き、話す」力について、「自立している」と言えるだけのレベルを目指す。
 ここで「自立」とは、自分の目的に応じて、自身でフランス語を勉強できることを意味し、その基本はやはり辞書を使いこなせることにあります。
達成目標
/Course Goals
・フランス語らしい発音
・構文を素早く見抜く力
・語法の深い理解
・微妙なニュアンスを感じ取るセンス
・全体的な内容の理解
授業内容
/Course contents
 フランスの文化や社会などについて書かれた文章を「速読」、「多読」します。
 予習に際しては、辞書の日本語訳をつなげるのではなく、構文や語法がどのように辞書に説明されているかに注意してください。
 また、固有名詞やテーマの背景など、不明の点があれば、インターネット等で必ず調べておくこと。
 さらに、音読も予習に含めますので疎かにしてはいけません。
使用教材
/Teaching materials
追って指示する
成績評価の方法
/Grading
 定期試験は行わない。予習状況と授業でのパフォーマンスをもとに、上記「達成目標」の各項を総合的に評価する。
成績評価の基準
/Grading Criteria
フランス語を「読み、書き、聴き、話す」力について、
秀:自立できている
優:ほぼ自立できている
良:自立に近い
可:自立はできていないが、一定のレベルにはある。
履修上の注意事項
/Remarks
 学部のフランス語ⅠおよびⅡを単位修得済みか、あるいはフランス語検定試験3級合格程度の学力があることを前提とします。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る