シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 社会情報特講I
担当教員(所属)/Instructor 奥田 和重 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 金/Fri 4
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office 奥田 和重(okuda@res.otaru-uc.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 奥田 和重(在室中であればいつでも可(ただし,事前にeメールで連絡すること))
更新日/Date of renewal 2015/03/03
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
目的:“もの(情報,サービスを含む)”造りのシステムである生産システムの計画・運用・管理に関してその意義,現在の主要技術・方法論,今後のあり方などについて総合的に理解することを目的とする。
達成目標
/Course Goals
授業の達成目標は以下のようである。
・企業経営における生産管理の位置付けと機能を理解する。
・需要予測とそれに基づく長期生産計画を立案できる。
・短期生産計画,負荷計画,日程計画の関係を理解し,具体的な計画をたてることができる。
・在庫管理と品質管理の方法を理解し,具体的な事例に適用できる。
・トヨタ生産システム(JIT)とポスト・トヨタ生産システムを理解する。
授業内容
/Course contents
方法:1回の講義は予習+授業+復習で構成する。
予習=事前にテキスト・プリントを読み,例題と練習問題を解いて疑問点を整理しておくこと。練習問題はレポートにまとめて指定された期日までに提出すること。
授業=講義形式とグループワークによる。質問は随時受け付けるが授業終了時に回収するコメントシートに記入してもよい。
復習=毎回宿題を課すので,問題を解きレポートにまとめて指定された期日までに提出すること。

授業のスケジュール
1.企業経営と生産管理
2.需要予測
3.生産計画
4.日程計画
5.生産管理
6.トヨタ生産システムとポスト・トヨタ生産システム
使用教材
/Teaching materials
適宜プリントを配布する。
成績評価の方法
/Grading
次の割合で成績の評価を行う。
 出席     :10%
 予習・復習  :30%
 定期試験   :60%

上記の成績評価の方法に基づいて計算した成績によって次のように評価する。
 秀:成績が100点〜90点
 優:成績が89点〜80点
 良:成績が79点〜70点
 可:成績が69点〜60点
 不可:成績が59点以下
履修上の注意事項
/Remarks
・成績評価の条件は,全授業回数の2/3以上出席していることである。2/3以上出席していなければ成績評価の対象としない。
・出席は,毎回授業終了時に回収するコメントシートの提出で確認する。
備考
/Notes
第1回目の授業でオリエンテーションを行うので,履修希望者は必ず出席すること。オリエンテーション時に詳細なシラバスを配布し説明する。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る