シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 応用情報論II
担当教員(所属)/Instructor 木村 泰知 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 水/Wed 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/03/03
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
本講義では,知的な振る舞いをするコンピュータの構築を目指し,対話システムを題材としたプログラミングの勉強を行う.形態素解析や構文解析のツールを利用しながら,コンピュータの内部で行われている処理(アルゴリズム)や知識の表現方法についての理解を深める.
達成目標
/Course Goals
本講義の目標は,対話システムの構築を行うとことである.
授業内容
/Course contents
プログラミングの基礎
標準出力
ファイル出力
対話処理
対話履歴

英文の言語処理
単語の出現頻度
単語の共起頻度
単語のn-gram

英文の言語処理
正規表現

日本語の言語処理
形態素解析
単語の出現頻度
単語の共起頻度
単語のn-gram

日本語の言語処理
正規表現
規則の追加

日本語の言語処理
曖昧表現の追加
置換規則の追加
キーワードと応答の追加

日本語の言語処理
構文解析
    文書館類似度(後半) TFIDF

言語処理の評価方法
再現率・適合率・F値
BLEU
使用教材
/Teaching materials
プリント教材を配布します.
参考書についてはオリエンテーションで説明します.
成績評価の方法
/Grading
社会情報学科標準成績評価基準に従う.

本講義は出席および課題で評価を行う.
本講義は実習形式の講義のため,原則として,欠席を1回した場合でも不可とする.
リンク先ホームページアドレス
/URL of syllabus or other information
講義情報を掲載するサイト
http://minna.ih.otaru-uc.ac.jp

No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る