シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject コンピュータネットワーク論
担当教員(所属)/Instructor 三谷 和史 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 月/Mon 2 , 月/Mon 3 , 月/Mon 4 , 火/Tue 2 , 火/Tue 3 , 火/Tue 4 , 水/Wed 2 , 水/Wed 3 , 水/Wed 4 , 木/Thu 2 , 木/Thu 3 , 木/Thu 4 , 金/Fri 2 , 金/Fri 3 , 金/Fri 4
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 4
研究室番号/Office 三谷 和史(研究室番号:455)
オフィスアワー/Office hours 三谷 和史(メールにてmit@res.otaru-uc.ac.jpまで連絡のこと.)
更新日/Date of renewal 2015/03/03
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
インターネットで一躍有名となったコンピュータネットワークを,その基礎の部分から応用まで,なぜそうなっているのかという技術的視点から考え
ながら理解することを目的とする.さらに,この理解の基盤の上で、コンピュータネットワークをどのように利用、維持、発展させていくべきかを自ら考える力を養う.

本科目の履修を通じて獲得が期待される能力・技能は以下の通りである.
・コンピュータネットワークを構成する技術の理解と利用に関する理解

内容:前期は通信の基礎からデータリンク,イーサネットに代表されるLAN,そしてIP,TCPといったネットワークプロトコル,経路制御やDNS等の基本的アプリケーション,WWW 等の応用アプリケーション,セキュリティ等について解説を行なう.夏季集中では実際にネットワーク上で通信を行なうプログラムの作成を通じてネットワークを使うために必要なことがらを学ぶ.ここでは,IPv4と次世代のIPv6の両方で動作するプログラムを作成する.

方法:前期は講義,夏季集中は計算機実習によって行なう.
達成目標
/Course Goals
コンピュータネットワークを構成する技術の理解と利用に関する理解を得て、実際のネットワークプログラムが作成できるようになることが目標となる.
授業内容
/Course contents
講義の進み具合により多少の増減があるが,以下の予定である.

前期
イントロダクション,情報理論の基礎, デジタルとアナログ.
符号理論の基礎、変調と多重化.
通信の基礎,OSIとEthernet.
データリンク層 - BISYNC, HDLC, X.25, ATM, PPP, PPPoE.
Ethernet, IEEE802詳細.
Internet Protocol (IP).
経路制御.
Transmission Control Protocol (TCP).
インターネットの歴史.
DNSと応用アプリケーション.
ネットワークセキュリティ.

夏季集中
C言語によるネットワークプログラミング.
サーバとクライアントの構造.
ジャンケンサーバーとクライアントの作成.
クライアントでの手の考え方.
勝ち抜き戦でのクライアントの評価.
使用教材
/Teaching materials
教科書は特に定めないが,参考書としては.
村井純「インターネット(ISBN13: 9784004304166)」「インターネット
II(ISBN13: 9784004305712)」「インターネット新世代(ISBN13:9784004312277)」(岩波新書)
ジョン・M. ダヴィッドソン「はやわかりTCP/IP(ISBN13:9784320025622)」(共立出版)
A・S・タネンバウム「コンピュータネットワーク第5版」(ISBN13:
9784822284763)(日経BP社)
を挙げておく.

後期については,実習時に実習書を配布する.
他にunix とC言語の適当な参考書があればよい.

講義にはpower pointを使用する.
Web pageに講義のまとめを置く予定である.
その他の参考図書については,このweb pageにて説明する.
成績評価の方法
/Grading
前期は出席回数と定期試験により評価を行う.前期の内容を踏まえた上で,夏季集中講義は出席と課題提出状況及び終了後のレポートにより評価を行ない,前期の成績と併せて総合的に評価を行なう.


成績評価の基準
/Grading Criteria
評価基準は社会情報学科標準成績評価基準に従う.
履修上の注意事項
/Remarks
・技術的な内容についての事前の準備は特に求めない.インターネットの利用者として,社会的に話題となるようなネット関係の問題について,関心を持っていることが望ましい.

・夏季集中講義に全て出席できることを確認の上履修すること.また,夏季集中講義での実習に向けて情報処理センターの利用,特にunix環境の利用方法を自習しておくこと.自習用の資料は配付する.

・情報処理基礎,情報処理,ソフトウェア科学の履修が望ましいが,必須ではない.
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
授業の方法等
/-
情報機器、視聴覚機器を使用する授業

科目一覧へ戻る