シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject ソフトウェア科学
担当教員(所属)/Instructor 加地 太一 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 水/Wed 1 , 水/Wed 2
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 4
研究室番号/Office 加地 太一(研究室番号:315)
オフィスアワー/Office hours 加地 太一(随時:事前にE-mailで連絡のこと)
更新日/Date of renewal 2015/02/09
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
ソフトウェア科学の基本概念の一つとしてアルゴリズムの問題がある。アルゴリズムとは問題を解決するための手順の記述であり、その方法論である。ソフトウェア科学はこの基本概念のまわりに展開する。本講義では優れたアルゴリズムの考え方とそのプログラミング技法を事例によってわかりやすく説明し、同時にソフトウェア科学におけるいくつかの問題点について理解を深める。また、アルゴリズムを理解することによりコンピュータの本質について知見を深めていく。
達成目標
/Course Goals
アルゴリズム、およびコンピュータの世界を理解し、そのさらなる活用の基礎となることを目標とする。
授業内容
/Course contents
本講義では発展型プログラム技術の習得とコンピュータ上においてどのように効率的に問題を解いていくのかということが焦点となる。以下の「アルゴリズムとデータ構造」の問題について理論的な講義を行い、さらに、その問題について実習を行うことにより理解を深める。

1. アルゴリズムについて
2. ソフトウェア設計の方法論
3. アルゴリズムの効率と計算量
4. 情報の概念とデータ構造
5. ファイルの概念と情報の転送
6. ポインタによる動的変数の実現
7. 基本的な抽象データ型(リスト)
8. 特殊なリストの構成(スタック、キュー)
9. 探索とアルゴリズム
10. 効率的な探索アルゴリズムの実現方法
11. 効率的なデータの処理とソーティング技法
12. 問題解決とアルゴリズム
使用教材
/Teaching materials
テキスト:なし
参考図書:
茨木:「Cによるアルゴリズムとデータ構造」、昭晃堂
平田:「アルゴリズムとデータ構造 改訂C言語版」、森北出版
杉山:「Cで学ぶデータ構造とアルゴリズム」東京電機大学出版局
アンク:「アルゴリズムの絵本」翔泳社
石畑:「アルゴリズムとデータ構造」、岩波書店
エイホ他:「データ構造とアルゴリズム」、培風館
成績評価の方法
/Grading
実習における課題の提出とペーパー試験により総合的に判定する(課題が未提出の場合、減点の対象となる)。
成績評価の基準
/Grading Criteria
社会情報学科標準成績評価基準に従う。
履修上の注意事項
/Remarks
本講義は科目「情報処理」で学んだプログラム言語Cの知識を要する。したがって、本講義は「情報処理」の講義を履修しているもののみを対象とする。また、情報処理センターでの演習を伴うため人数を制約せざるを得ない。そこで、履修希望者が約80名を超えた場合、情報処理(C言語)に関する簡単な試験により履修の選抜を行う(履修を許可されていない学生が学務課で履修登録を行っても成績評価の対象とはならない)。履修選抜に関しては4月上旬に掲示にて詳しい選抜方法を説明するので注意すること。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る