シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 租税法/Tax Law
担当教員(所属)/Instructor 石黒 匡人 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 月/Mon 2
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/19
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
 租税法学上の基本的な事項と重要問題の理解を目的として、具体例をできるだけとりあげながら、学説および判例に検討を加えつつ、講義を進めていく。
達成目標
/Course Goals
-本科目の履修を通して獲得が期待される能力・技能は以下のとおりです。
・租税法学上の基本的な事項を理解し、説明できる。
・租税法学上の重要問題を理解し、説明できる。
授業内容
/Course contents
 Ⅰ 序論
 Ⅱ 租税法の基礎理論
  1 租税の意義  
  2 租税法の基本原則
  3 租税法の法源 
  4 租税法の解釈と適用
  5 地方公共団体の課税権
 Ⅲ 租税手続法
  1 申告納税制度 
  2 更正と決定の手続
  3 質問検査権と推計課税
  4 租税の徴収手続き
 Ⅳ 租税実体法
  1 所得税法
  2 法人税法
  3 相続税法
  4 消費税法
 Ⅴ 権利救済制度
  1 不服申立て
  2 訴訟
使用教材
/Teaching materials
 金子宏ほか著『税法入門 第6版』(有斐閣)。
 いずれかの六法。 
 なお、参考書は講義の際に紹介する。
成績評価の方法
/Grading
 定期試験の結果による。
 可能であれば、授業中の質問に対する答えや小テストの結果などを加味して評価したいと考えている。
成績評価の基準
/Grading Criteria
秀(100〜90):講義範囲の租税法学について、秀でた理解力を有している場合。  
優 (89〜80):講義範囲の租税法学の基本的な内容も発展的な内容も、ともによく理解している場合。
良 (79〜70):講義範囲の租税法学の基本的な内容をよく理解していて、さらに発展的な内容も十分理解している場合。
可 (69〜60):講義範囲の租税法学の基本的な内容を十分に理解している場合。
不可 (59〜0):講義範囲の租税法学の基本的な内容を十分には理解していない場合。
履修上の注意事項
/Remarks
 必ず六法と教科書を持参のうえで講義に望むこと。
 定期試験の解答については、鉛筆・シャープペンシルによることは認めない。
 第1回目の講義の際に行うガイダンスを必ず聞いたうえで履修を決定すること。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る