シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 憲法II
担当教員(所属)/Instructor 小倉 一志 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 金/Fri 3 , 金/Fri 4
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 4
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/03/03
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
日本国憲法の講義として扱われる内容は、「憲法総論」「基本的人権」「統治機構」の3つのパートから構成されるが、本講義は、「統治機構」の領域を対象とする。テキスト(下記参照)の内容に沿いながら、それぞれの規定が持つ意味内容を学説・判例ともからめつつ、明らかにしていきたい。
達成目標
/Course Goals
本講義の履修を通して獲得が期待される能力・技能は以下のとおりである。
・「統治機構」の各論点に関する学説・判例を正確に理解し、説明できること
授業内容
/Course contents
0.オリエンテーション
1.国会
2.内閣
3.裁判所
4.財政
5.地方自治
*詳細な授業内容(授業計画)については、第1回目のオリエンテーションでお示しする予定です。
使用教材
/Teaching materials
芦部信喜(高橋和之補訂)『憲法〔第6版〕』(岩波書店・2015年)、柏﨑敏義・加藤一彦編『新 憲法判例特選』(敬文堂・2013年)及び、六法(出版社、サイズは問いません)。
成績評価の方法
/Grading
定期試験の結果に基づいて評価します。
秀(100〜90):「統治機構」について秀でた理解力を有している場合。
優(89〜80):「統治機構」について優れた理解力を有している場合。
良(79〜70):「統治機構」について良い理解力を有している場合。
可(69〜60):「統治機構」について理解力を有している場合。
不可(59〜0):「統治機構」について必要とされる理解力を有していない場合。
*なお、括弧内の点数はテストの「素点」と同一ではありません。
履修上の注意事項
/Remarks
・講義中の私語、携帯電話の使用など、他の受講者の迷惑になる行為については、厳しく対処します(携帯電話は、最低限、マナーモード・サイレントモードにしてください)。迷惑行為を繰り返す者に対しては、成績評価を行いません。
・テキスト・判例集・六法は毎回持参すること。
・板書の字が見えづらい時は、前方の席に移動すること。
・講義内容の予習・復習をきちんと行うこと。「統治機構」に関する基礎的な知識は高校までの政経などで修得済みの学生が多いと思いますが、この授業は「『大学』の『専門科目』」として開講されるものです。努努(ゆめゆめ)油断なさらぬように。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る