シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 民法・基礎I
担当教員(所属)/Instructor 永下 泰之 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 木/Thu 2
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office 永下 泰之(研究室:4号館4階 458号室
メールアドレス:nagashita@res.otaru-uc.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 永下 泰之(随時(ただし、事前にメール等で連絡されたい)。)
更新日/Date of renewal 2015/02/18
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
本講義は、民法第1編総則の一部(残りは民法・基礎Ⅱで扱う)に関する法制度、各種の法概念の概説を行い、これらに関する知識及び法的思考力を涵養することを目的とする。
達成目標
/Course Goals
民法総則に関する法制度、各種法概念及び基礎的知識の修得
授業内容
/Course contents
本講義は、概ね下記の内容・順序で行う。

第1回 オリエンテーション
第2回 民法の基本原理、権利能力
第3回 意思能力・行為能力
第4回 物、法律行為総説
第5回 法律行為の客観的有効要件
第6回 心裡留保
第7回 虚偽表示
第8回 錯誤
第9回 詐欺・強迫
第10回 意思表示の受領と到達、代理総説
第11回 代理権、代理行為
第12回 無権代理、表見代理1
第13回 表見代理2
第14回 法人
第15回 無効・取消
使用教材
/Teaching materials
(1)教科書
佐久間毅『民法の基礎1 総則〔第3版〕』(有斐閣、2008)
(2)参考文献
『民法判例百選Ⅰ 総則・物権〔第7版〕』(有斐閣、2015)
成績評価の方法
/Grading
定期試験(80%)、小テスト(10%×2)の総計により評価する。
成績評価の基準
/Grading Criteria
民法・基礎Ⅱ/民法Ⅱ/民法Ⅲ/民法Ⅳ
履修上の注意事項
/Remarks
教科書・六法は各自購入し、毎回(ただし、初回はこの限りではない。)持参すること。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る