シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 経営と会計
担当教員(所属)/Instructor 乙政 佐吉 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 金/Fri 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office 乙政 佐吉(1号館422号室
メールアドレス: otomasa@res.otaru-uc.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 乙政 佐吉(在室中はいつでも可(できれば事前にメールで連絡して下さい))
更新日/Date of renewal 2015/01/22
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
企業の経営実態を知るための分析方法(財務諸表分析)を習得することが目的となる。財務諸表分析は、複式簿記・原価計算とともに、会計学を学習しようとする際の出発点である。講義では、有価証券報告書を利用し、具体的な計算例や事例を提示しながら、随時演習を行う。
達成目標
/Course Goals
財務諸表に基づいて、企業分析(成功要因や課題の抽出)ができるようになる。
授業内容
/Course contents
1.財務諸表分析の基本
2.貸借対照表と損益計算書の分析
3.収益性分析
4.損益分岐点分析
5.安全性分析
6.成長性分析
7.付加価値分析
8.キャッシュ・フロー分析
使用教材
/Teaching materials
テキストは使用せず、必要に応じて資料を配付する。なお、予習及び復習用の参考教材として以下の書籍をあげておく。
桜井久勝著 『財務諸表分析【第3版】』 中央経済社。
成績評価の方法
/Grading
期末試験の結果に基づいて成績評価を行う。
成績評価の基準
/Grading Criteria
以下を合格ラインの基準とする。
①財務諸表分析に関する基礎的理解が過半はある
②授業中に明示する重要なポイント、演習問題を過半は理解している
③財務諸表分析を活用することができる。
履修上の注意事項
/Remarks
講義に出席する際には電卓を携帯すること。なお、履修するにあたっては、簿記に関する基礎知識を有していることが望ましい。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る