シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 国際経営論
担当教員(所属)/Instructor 李 濟民 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 1 , 火/Tue 2
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 4
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/03/03
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
グローバルに変化する経営環境に対応しながらオンリーワン・ナンバーワン企業を目指すためには、競合他社と比べて革新性や社会性と視点からユニークな経営戦略を樹立・実行していかなければならない。そこで、欧米日を代表する世界的な「勝ち組企業」が展開する革新的な経営戦略や組織構造の再編成、アライアンスやM&A等をできるだけ多くの事例を通して、体系的に学ぶことを本科目の目的とする。授業の進め方としては、できるだけ双方向の対話型を心がける。

達成目標
/Course Goals
本科目の履修を通じて、グローバル企業の経営課題とその解決策について自分の言葉で説明できる能力の獲得

 1.国際経営の理論と実践について基本的な理解力を有すること
 2.授業中に明示する重要なポイントについて十分な理解力を有すること

授業内容
/Course contents
第一部 国際経営の基礎と理論
(1) イントロダクション
(2) 国際貿易と障壁
(3) 多国籍企業と国家
(4) 輸出・海外直接投資・ライセンシング
(5) 国際化のプロセス
(6) 異文化マネジメント
国際経営の実践と応用
(1) グローバル競争戦略
(2) 国際マーケティング・マネジメント
(3) 組織能力と戦略的提携
(4) 日本的経営の課題と展望
(5) 北海道産業・企業の国際化戦略
(6) トランスナショナル・マネジメント

使用教材
/Teaching materials
江夏健一・桑名義晴『理論とケースで学ぶ国際ビジネス』
をメインの教材とし、必要に応じて資料を配付する。

成績評価の方法
/Grading
出 席(及びレポート): 20%
    中間試験: 30%
    期末試験: 50%

No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る