シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 金融市場論
担当教員(所属)/Instructor 斉藤 一朗 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 月/Mon 2 , 月/Mon 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 4
研究室番号/Office 斉藤 一朗(1号館340研究室、E-Mail:ichiro@res.otaru-uc.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 斉藤 一朗(ご質問等につきましては、E-Mailにて、随時お受けいたします。面談が必要な場合は、E-Mailにて、事前にご連絡ください。)
更新日/Date of renewal 2015/03/03
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
 高度に分権化された経済社会において、金融システムは経済活動に欠かすことのできないインフラストラクチャーのひとつであり、そのあり方は、私たちの生活や企業活動に著しい影響を及ぼします。本授業では、金融システムや金融機関マネジメントに関する基礎的な知識を習得するとともに、それを援用して、現代の金融を洞察する力を養うことを目的とします。

 授業前半は主として講義形式で行い、PowerPoint等で作成した講義資料に基づいて進め、現代金融システムの基本的な構図を理解するために必要な分析フレームワークの解説に重点を置きます。また、講義の中では、適宜、今日的なトピックスを取り上げて、金融事象を理解するうえで、どのように分析フレームワークを適用すべきかについて講述します。

 授業後半では、金融機関マネジメントに焦点を当て、具体的な金融機関を題材にして、金融機関の経営戦略についてのケース分析をグループワーク形式で行います。
達成目標
/Course Goals
 本講義の達成目標は以下のとおりです。

・金融システムに関わる基礎的な理論を理解し、金融システムの意義や役割について、自らの言葉で説明できるようになること

・金融機関マネジメントをみる眼を養い、多様な観点から金融機関が直面する課題を発見し、それを解決する糸口をつかめるようになること
授業内容
/Course contents
 授業で取り上げるトピックスは、概ね以下のとおりです。詳細は、オリエンテーション時に説明いたします。

・金融取引の意義と役割
・貯蓄・投資と資金の過不足
・金融取引のミクロ的基礎
・金融取引における情報の不完全性
・金融取引の諸類型
・金融仲介の基本機能
・証券会社の基本機能
・金融システムのアーキテクチャー

・金融機関マネジメントに関わるケース分析
 -金融機関を巡る外部環境分析
 -金融機関のビジネスモデル分析
 -金融機関の財務・組織・マーケティング分析
 -金融機関マネジメントの戦略評価
使用教材
/Teaching materials
 テキストの指定はありません。授業で使用するレジュメ等については、適宜、商学部E-learning上にアップロードします。参考文献につきましては、オリエンテーション時にお知らせいたします。
成績評価の方法
/Grading
 受講者には金融システムに関わる基礎的な知識を問うレポート(履修者個々人)と、金融機関マネジメントに関わるケース分析レポート(グループごと)の提出を願い、その内容を以て評価します。
成績評価の基準
/Grading Criteria
 レポートの評価基準は以下のとおりです。

 秀:金融システムや金融機関マネジメントに関する理解と課題発見に秀 で、論述がきわめて明快であるもの

 優:金融システムや金融機関マネジメントに関する理解と課題発見に優 れ、論述が明快であるもの

 良:金融システムや金融機関マネジメントに関する理解と課題発見に優れてはいるものの、論述にやや難があるもの

 可:金融システムや金融機関マネジメントに関する理論を概ね理解してはいるものの、論述が常識的な範疇にとどまるもの
履修上の注意事項
/Remarks
 グループワークを行う上で、割り当てられた教室の収容人数如何では、履修者数を制限することがあります。履修者数を制限する場合は、商学部E-learning上であらためてお知らせいたします。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
授業の方法等
/-
対話型あるいは双方向の授業

科目一覧へ戻る