シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 外国経済史II
担当教員(所属)/Instructor 松家 仁 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 学科別専門科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 2 , 金/Fri 5
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 3年 , 4年
単位数/Credits 4
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/19
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
 本授業は、戦間期を中心とした20世紀ポーランド社会経済史を取り扱う。(1) 民族問題、(2) 経済介入主義(社会国家)、(3) 近代化という3つの問題意識に基づき授業は行われる。
達成目標
/Course Goals
 本授業は、戦間期を中心とした20世紀ポーランド社会経済史を取り扱う。(1) 民族問題、(2) 経済介入主義(社会国家)、(3) 近代化という3つの問題意識に基づき授業は行われる。
授業内容
/Course contents
第1回 オリエンテーション(社会経済史の課題-歴史における社会経済史の位置-人文科学と自然科学の違い-多様なアプローチ)
第2回 歴史と経済(発展段階論-「横倒しの世界史」-地域と社会の多様性)
第3回 社会経済史の基本的課題(文書館の役割-誰が資料を残すのか?-さまざまな資料の意義と制約)
第4回 資料を探す(翻訳の問題-論文検索-文書館の利用-歴史研究とインターネット)
第5回 19世紀末からの新しい社会の胎動(都市と社会国家-宗教と国民経済-民族と結婚-人口移動と「国民」)
第6回 第一次大戦期の東欧(占領政策-占領地の公用語・農民との意思疎通-衛生への関心)
第7回〜第8回 戦時統制経済(導入の必要性-その限界-民族・宗教問題との関連性-全般的問題点-ロシアへの波及)
第9回〜第10回 第一次大戦後の社会経済(継続の必要性-暴利投機の禁止-ハイパーインフレと国境管理-密貿易-日曜休業か土曜休業か)
第11回〜第12回 世界恐慌までの価格政策(価格検査委員会とその欠陥-穀物粉・パン/食肉の価格統制-同職組合の組織化と抵抗-「妥協」-1928年以降の農産物価格)
第13回〜第14回 都市と農村1(農工利害の対立-「製粉歩合」と穀価政策-「鋏状価格差」―商業の位置づけ-商工業の「抑圧」へ)
第15回〜第16回 工業・手工業の近代化(アンケート委員会-製パン工場の建設-地下製パン所の禁止-闇パン屋・偽装牛乳-商業会・手工業会の整備-専門学校-マイスター資格-製パン業における日曜休業)
第17回〜第18回 都市と農村2(「暴利商人」-流通の近代化-食肉流通とコシェル-中間取引業者問題-ユダヤ側の対応-移民-ユダヤ側の内部対立-社会主義かシオニズムか)
第19回〜第20回 世界恐慌(農産物価格の下落-農村の貨幣経済の後退-社会所得の下落-農産物価格支持政策-国際協調の試み-ブロック経済か欧州統合か)
第21回〜第22回 1936年以降の近代化(COP--都市規制と農村工業-経済成長かスラム化か?――二重経済-農村過剰人口と工業化)
第23回〜第24回 第二次世界大戦(ホロコーストの舞台としてのポーランド-「民族の耕地整理」-ユダヤ人虐殺とポーランド社会-戦後のユダヤ人迫害)
第25回〜第26回 戦後社会主義体制(社会主義経済における日用品供給-「上からの近代化」-社会主義経済の本質的欠陥-コメコン体制下の東欧経済
第27回以降 まとめ-および予備日(映像資料の紹介に充てられる)
使用教材
/Teaching materials
参考書として、拙著『統制経済と食糧問題』(成文社2001年)。
成績評価の方法
/Grading
1) 学期末に行われる筆記テスト(1回)
2) 出席など授業に対する参加の積極性
成績評価の基準
/Grading Criteria
4. の成績評価の方法で記した1(テスト)および2(積極性)の成績評価比率は、それぞれ90%と10%とする。また筆記テストでは、与えられた課題の達成度、知識・理解の程度に応じて評価する
履修上の注意事項
/Remarks
本授業は高校世界史の知識を前提としているので、高校時代に世界史を履修している学生の履修が望ましい。なお疑問がある者はメールなどで問い合わせること。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る