シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 中国語IIA-2(IIA-2a)
担当教員(所属)/Instructor 嘉瀬 達男 (商学部) , 裴 崢 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 外国語科目等
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 2 , 木/Thu 2
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office 嘉瀬 達男
オフィスアワー/Office hours 嘉瀬 達男
更新日/Date of renewal 2015/02/16
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
 中国語ⅡA-1で学習した内容をふまえ、さらに中国語の表現力を磨き、また読解力を高めることを目的とします。より具体的には、文法、語彙力、四技能(聞き・話し・読み・書く能力)を習得し、中国語や中国文化の魅力を味わい、楽しむことです。
達成目標
/Course Goals
 中級中国語の文法、語彙力、四技能を習得し、中国語や中国文化の魅力を味わい、楽しむことを目標とします。特に『中国語の香り』1、2で身につけた中国語の能力を活用して、中国語・中国文化そのものの香りを味わい、楽しむことを目指します。
授業内容
/Course contents
 教科書の本文には自然な中国語の文章を取り入れ、例文と練習問題では日常生活で身近に用いられている表現を扱います。本文の話題には、学校生活の話、中国の文化、庶民の生活習慣、日本でもよく知られている古典などを取り上げています。「中国語の香り」1・2では中国語の基本的な用法を学びましたから、本講義では中国語・中国文化そのものの香りを味わい、楽しんでもらいます。
 授業は教科書に従って進めます。より高度な文になりますから、構造と機能を十分説明した上で、授業での練習を通して応用力を伸ばします。そのため、学生と教員、学生同士の反復実習を重視します。
使用教材
/Teaching materials
『中国語の香り 講読編 改訂版』裴崢
成績評価の方法
/Grading
定期試験を主とし、出席点・授業態度、小テストなどで総合的に判断します。
授業回数の1/3以上欠席した者は、自動的に単位取得の権利を失います。評価の基準は以下の通り。
○秀 :中級中国語の文法、語彙力、四技能(聞く・話す・読む・書く)をほぼ完全に習得した者。
○優 :中級中国語の文法、語彙力、四技能を十分に習得した者。
○良 :中級中国語の文法、語彙力、四技能をおおむね習得した者。
○可 :中級中国語の文法、語彙力、四技能の基本を習得した者。
履修上の注意事項
/Remarks
予習・復習を怠らないこと。
教科書以外の中国語に積極的にふれること。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る