シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject フランス語IIB-1(IIB-1b)
担当教員(所属)/Instructor 江口 修 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 外国語科目等
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 木/Thu 2
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 1
研究室番号/Office 江口 修(研究室(523)電話:27-5430
Email : eguchi@res.otaru-uc.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 江口 修(火曜日:午後2〜4時(emailでの事前予約があれば他の時間帯でも可))
更新日/Date of renewal 2015/02/19
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
[目的]「読む、書く、聴く、話す」の4技能の発展
[方法]フランスの詩を暗唱してフランス語のリズムとメロディーに親しむ。そして朗唱することによって発音能力を高める。そして教材にまつわるまさにマルチ・メディアな情報を収集しながらフランス語の理解力を深めてゆく。
達成目標
/Course Goals
体で覚えるフランス語!これに尽きます。諸君の先輩たちの中にはこれぞという十八番を持って興が乗れば歌ってくださる方がいらっしゃいます。詩は死につつあると言われて久しいのですが、言葉が言葉であり続ける限り本源しての詩と歌はわれわれひとりひとりに住み着いているはずです、それの発見であるかも知れません。
授業内容
/Course contents
下に掲げる教材にしたがって大まかにつぎの順序で行う

1)古いフランス語も結構読める(中世)
2)日本文化の基底を探る(その1)
3)ルネサンスの詩(16世紀)
4)日本文化の基底を探る(その2)
5)近代へ!

以上を各テーマについて平均3回かけて学んでゆく。
使用教材
/Teaching materials
『フランス名詩選』安藤元雄、入沢康夫、渋沢孝輔編、岩波文庫 定価¥860
『歳時記:日本のこころ』三野博司著、駿河台出版社、定価¥880
(二冊とも教科書として使用するので注意)
成績評価の方法
/Grading
課題と選択による二つの詩あるいは歌を暗唱あるいは歌ってもらいます。出席率、予習の有無、積極性、課題の提出など、総合的に判断します。

1)発音ができているか。
2)内容をきちんと把握しているか。
3)全体の構成を考えているか。
4)感動のポイント(聞かせどころ)をつかんでいるか。


以上を合格の基準とし、総合点90パーセント以上を秀、
80パーセント以上を優、70パーセント以上を良、60パーセント以上を可とする。
履修上の注意事項
/Remarks
予習は黙読でやらないこと。発音しながら理解すること。フランス語は発音できなければ面白くありません。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る