シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject フランス語I-1(I-1a)
担当教員(所属)/Instructor 江口 修 (商学部) , ブリュノ デュボア (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 外国語科目等
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 1 , 木/Thu 1
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office 江口 修(研究室(523)電話:27-5430
Email : eguchi@res.otaru-uc.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 江口 修(火曜日:午後2〜4時(emailでの事前予約があれば他の時間帯でも可))
更新日/Date of renewal 2015/02/19
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
<江口>
基本的なフランス語の運用能力(話す、聞く、読む、書く)の養成を目指します。口、耳、目、手を総動員して練習に取り組んでください。初めて学ぶ言葉ですから間違うのは当たり前。誤りを恐れずに、積極的に授業に参加してください。

<デュボワ>
授業の目的は発音練習や会話練習を通じて、正しく基本的なフランス語を身につけることです。
L’objectif de ce cours est de travailler la prononciation et les bases de la  conversation en francais.
達成目標
/Course Goals
フランス語運用能力4要素のバランスのとれた習得
授業内容
/Course contents
<江口>
木曜のデュボワはフランス語でのやり取りを中心に、火曜の江口は文法の説明や反復練習を中心に、授業を進めていきます。授業は以下に紹介する各課を、4回程度の授業で学習していく予定です。
 1)挨拶、その1
 2)挨拶、その2
 3)さあ、自己紹介だ。
 4)次は他人を紹介してみよう。
 5)好きなものを言う。

<デュボワ>
一年生は教科書Spiraleのユニット1からユニット4までです。二年生は同じく教科書Spiraleのユニット5からユニット7までです。同じ教科書を二年間使ってフランス語会話のレベルアップをしていくので、二年生から急に受講するのは大変難しいので勧めません。
Pour le cours de premiere annee nous utilisons le manuel ≪ Spirale ≫ de l’unite 1 jusqu’a l’unite 4. Pour le cours de deuxieme annee nous utilisons egalement le manuel ≪ Spirale ≫  de l’unite 5 a l’unite 7. Les deux cours se succedant, nous recommandons tres vivement aux etudiants de deuxieme annee d’avoir suivi le cours de premiere annee avant de choisir le cours suivant.
使用教材
/Teaching materials
<江口>
CLEPIEUX CALLENS他著『スピラル-日本人初心者のためのフランス語教材』、HACHETTE-PEARSON EDUCATION JAPAN

<デュボワ>
教科書:株式会社 ピアソンエデュケーション “Spirale” (Hachette)
成績評価の方法
/Grading
<江口>
定期試験の他、小テスト、出席率、予習の有無、積極性、課題の提出など、総合的に判断します。

<デュボワ>
期末試験+出席+授業参加の様子(フランス語を理解してるか・フランス語で答えられるか)。
Test final + presence en cours + participation et reponse aux questions du cours en francais.

以上を踏まえた上で
1)発音の規則を身につけ、発音できること。
2)基本文法を理解し、運用できること。
3)簡単なフランス語を聞き取ることができること。
4)簡単なフランス語を話すことができること。
5)辞書を用いて、基礎的なフランス語が読めること。
6)辞書を用いて、基礎的なフランス語が書けること。
以上を合格の基準とし、総合点90%以上を秀、80パーセント以上を優、70%以上を良、60%以上を可とする。
履修上の注意事項
/Remarks
<江口>
予習は単に問題を解くだけでなく、発音練習も行うこと。フランス語は発音できなければ楽しくありません。

<デュボワ>


リンク先ホームページアドレス
/URL of syllabus or other information
<江口>
http://www.res.otaru-uc.ac.jp/~eguchi/welcome.html
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る