シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject ドイツ語IIB-1(IIB-1b)
担当教員(所属)/Instructor 佐藤 和枝 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 外国語科目等
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 木/Thu 2
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 1
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/20
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
1年次で学習した初級文法を復習しながら、聞き取り、会話、作文練習によって、コミュニケーション能力を含めた総合的なドイツ語の能力を高めます。テーマごとに視聴覚教材や他の資料も利用し、幅広くドイツ語圏の文化や生活を紹介していきます。
 ドイツ語という表現手段を手に入れることは、新しい「世界の見方」を手に入れることです。会話の練習では、間違いを恐れず、どうやったら自分が伝えたいことをドイツ語で伝えられるかということを考えます。
達成目標
/Course Goals
1) ドイツ語の基本的な文法と語彙を習得する。
2) 基本的なドイツ語を聞き取り、理解することができる。
3) 身近な事柄について、基本的なドイツ語で表現することができる。
4) ドイツ語で簡単な日常会話をすることができる。
5) 比較的平易なドイツ語の文章を読みこなすことができる。
授業内容
/Course contents
日常の様々な場面を想定した教科書の前半部分を使い、以下のテーマに沿って進めます。

1課 レストランで
2課 ホテルで
3課 街で
4課 旅行と交通
5課 天気
使用教材
/Teaching materials
『 CD付きスツェーネン2  場面で学ぶドイツ語 コンパクト 』 佐藤修子、下田恭子 他 著(三修社)  
成績評価の方法
/Grading
試験と平常点(出席、課題提出、授業への参加態度など)の総合評価。
成績評価の基準
/Grading Criteria
前述の達成目標を、上記評価方法により次のように評価します。

秀:100〜90%
優:89〜80%
良:79〜70%
可:69〜60%
不可:59%以下
履修上の注意事項
/Remarks
授業回数の1/3以上を欠席すると単位取得資格を失います(会話練習、作文提出など、授業を欠席すると評価できない課題があります)。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る