シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject ドイツ語IIA-2(IIA-2a)
担当教員(所属)/Instructor 副島 美由紀 (商学部) , 北原 寛子 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 外国語科目等
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 2 , 木/Thu 2
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office 副島 美由紀(msjm@res.otaru-uc.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 副島 美由紀(在室時)
更新日/Date of renewal 2015/02/19
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
前期の授業である「ドイツ語ⅡA-1a」の後継クラスです。教科書と内容・目的は同じですから、「ⅡA-1a」のシラバスを参考にして下さい。
達成目標
/Course Goals
ⅡA-1aとⅡA-2aの最終的目標は、「ヨーロッパ言語共通参照枠組み」のA2レベルに到達することです。これについても「ⅡA-1a」のシラバスを参考にして下さい。
A-2の目標は、下の1)〜6)のテーマについてこのレベルに達することです。
授業内容
/Course contents
授業内容も「ドイツ語ⅡA-1a」と同様ですが、会話の課題が次第に増えてきます。後期に扱う主なテーマは以下の通りです。
 1)ポストカードを書く
 2)道順を説明する
 3)お金について話す
 4)宝くじに当たったら?
 5)子供時代を語る
 6)生活上の問題は?

使用教材
/Teaching materials
『Schritte  international 4  Kursbuch+Arbeitsbuch 』
(Hueber Verlag)
成績評価の方法
/Grading
期末試験時に、口頭試験と筆記試験の2種類を行います。試験と平常点によって総合評価を行い、以下の基準により成績を出します。
総合点90%以上:秀
80〜89%:優
70〜79%:良
60〜69%:可
60%未満:不可
成績評価の基準
/Grading Criteria
共通専門科目「国際コミュニケーション」
(外国語による意見表明の練習をします。)
履修上の注意事項
/Remarks
出席は絶対重視で、欠席回数が5回を超えると自動的に単位取得資格を失います。
毎回の授業で作成する会話が口頭試験の課題となりますので、きちんと出席して会話作成を行うよう留意して下さい。
備考
/Notes
ドイツ語ⅡA-2aは前期のドイツ語ⅡA-1aの継続クラスです。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る