シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 英語IIA3(E244A3)
担当教員(所属)/Instructor 佐々木 香織 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 外国語科目等
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 水/Wed 1
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 1
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/03/26
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
この講義では、英国公共放送であるBBC(イギリスのNHKにあたる機関)のニュース映像と音声の視聴を通じ、英語のリスニング、スピーキング、ライティングの能力向上を目指します。 また英国や世界のトレンドを学習することにより、英語を通じた新たな知的な扉を開く機会にしたいとも考えています。

授業は一講義ごとに、以下の二部構成となって展開されます。
第一部は、ニュース映像の聴解に力点を置かれます。ニュースを聞き取り理解するためには、英語の読解力だけでなく、ニュースの背景知識や語彙の習得が必要となります。そこでこの部分に焦点を当てた聴解力の向上をはかり、単なる」聞き取り作業」は主に自宅学習と言う位置づけを取ります。
すなわち、①先ずニュースに関連する背景知識と語彙を学び、
②次にその学習内容を動員してニュースの英文を正確に聞き取れるように努め、
③最後に聞き取った英文を、英語の読解力を応用して正確に理解するように努めます。
第二部では、英語で聞き取って理解した内容について、英語で発信するという訓練を行います。具体的には、ニュースの内容を議論したり、ニュースに対する批評や意見を書いたりします。この発信という作業から、聞き取った英語を自分で使えるツールとして身につけていきます。
達成目標
/Course Goals
受講者が以下5つの目標を達成することを念頭に、この講義は進められます。
1. 正統派ニュース英語に触れることにより、英語のセンス(英語の語彙から構造まで)を培う。
2. ニュースを理解するために必要な語彙量と背景知識を身につける。
3. 授業と家庭での反復の聞き取り練習により、音から「言葉・文字」へと結びつけられるようになる。
4. 自分で理解した英文の内容を、自分の言葉で説明したり、意見を述べたりできるようになる。
5. ニュース教材を通じて、大学生としての教養と視野の幅を広げる。
授業内容
/Course contents
1.  The Queen: Patron of the Arts エリザベス女王の即位60周年記念パーティー
2.  Finding British Food in France 「おいしい」イギリス料理?
3.  Facebook and Free Speech フェイスブック投稿であわや解雇の危機?
4.  The Stonehenge Site  ストーンヘンジの静寂を取り戻せ
5.  Muslim Dress スカーフ着用で仕事を失う?
6.  The Death of the Book?? 未来型小説の登場
7.  A Day Trip to Derry?  ロンドンデリーが人気の観光スポットに
8.  Bringing Back the Bees 絶滅寸前のハチを救え!
9.  Becoming British Citizens 「イギリス人」になるための試験
10. At Home with Dementia ? 認知症患者の理想の家
11. The Price of Parking  ? 車通勤はお金がかかる?
12. Space: Next Step or Dead End?  宇宙ステーションの未来はいかに
13. A Vote for Scottish Independence  独立か自治か―スコットランドの悲願
14. Raising University Fees  ? 授業料高騰で大学入学志願者激減?
15. Brain Reading  ? 人の心を読む?―脳波の音声化
使用教材
/Teaching materials
Dominic Cheetham et al (2013) 『BBC Seeing the World through the News』 金星堂
成績評価の方法
/Grading
平常授業での貢献 50 %
期末試験   50 %
成績評価の基準
/Grading Criteria
秀(90‐100)-講義に非常に積極的に参加をしている。ニュース(読解と聴解)とその背景知識を非常によく理解している。ニュースの内容を正確かつ明瞭に説明したり、その内容に対して、自分の意見を具体的でわかりやすく述べたりすることができる。
優(89-80)-講義に積極的に参加をしている。ニュース(読解と聴解)の内容とその背景知識を十分によくできている。ニュースの内容を正確に説明したり、その内容に対して、分かりやすく意見を述べたりすることができる。
良(79-70)-講義によく参加をしている。ニュース(読解と聴解)の内容をよく理解できている。ニュースの内容を間違いのないように説明したり、その内容に対して意見を述べたりすることができる。
可(69-60)-講義に過不足のない程度に参加をしている。ニュース(読解と聴解)の内容を過不足なく理解できている。ニュースの内容の概要を説明したり、その内容に対して意見を述べたりすることができる。
不可(59以下)-講義への参加意欲が低く、ニュース(読解と聴解)の内容の理解が不十分である。

履修上の注意事項
/Remarks
指定教材、ならびに英和辞書と和英辞書、もしくは英英辞書は必携しましょう。
この講義ではインプット(聞き取り)とアウトプット(討論、作文、スピーチ)のうち、後者に重点的に時間を取ります。自習用のDVDでニュース内容の聞き取りの予習や復習を行うよう努めて下さい。
備考
/Notes
受講に際しては、TOEIC 480点以上が望ましいです。
皆さんが興味を持って学べる授業ですので、英語と現代社会(イギリスを中心に)を楽しく学習していきましょう!
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る