シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 英語IC(E162C)
担当教員(所属)/Instructor 斉藤京子 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 外国語科目等
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 金/Fri 1
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 1
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/11
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
TOEFLのリスニングと文法問題で、より高い得点を取る為の知識と技術を身に付ける事と,TOEFLのリスニングと文法問題を解く事により、リスニングと文法の知識をより身に付ける。

達成目標
/Course Goals
文法の既習問題は少なくとも80%の設問を解けるようにする。
リスニングの未習問題は60%の設問を解けるようにする。
授業内容
/Course contents
リスニングのテキストは、トランスクリプションを予習してある事を前提に、授業をする。
授業ではテキストのテープを聴き、英語の音になれ、設問を解く。
プリントにより、未習のリスニング問題を解く。
文法はプリントを利用し、基礎問題を理解した後、応用問題を解く。
使用教材
/Teaching materials
5-Minute Quizzes For TOEFL Test Listening Comprehension

著 者 Joseph Tashiro
出版社 MACMILLAN LANGUAGEHOUSE
成績評価の方法
/Grading
試験、予習、授業中での発表、欠席、遅刻状況を総合評価する。
成績評価の基準
/Grading Criteria
本学の成績評価を基準にする。
秀  90〜100点
優  80〜89点
良  70〜79点
可  60〜69点
不可 59点以下
履修上の注意事項
/Remarks
必ず予習して授業に参加する事。プリントによる文法問題は、予習、復習する事。
3回欠席した時点で授業資格を失います。(忌引きはこの3回の中に入らない。)
どのような理由であろうと、欠席理由を具体的に書いた欠席届を提出する事。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る