シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 英語IA(E108A)【発展】
担当教員(所属)/Instructor 佐々木 香織 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 外国語科目等
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 月/Mon 2
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 1
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/03/26
授業の目的・方法
/Course Objectives and method

英文読解力の強化を主眼としつつも、この講義では英語力を総合的に伸ばすことを目的としています。
読解ではビジネス文書、物語、エッセイ等と幅広い英文のジャンルを扱うことで、いろいろな英語のスタイルに対応できる力を培います。
また様ざまな状況設定のリスニング問題を行うことで、多様なスタイルの英語を音から理解する練習も行います。
それにより「音から文字」へ、そして「文字から意味」へと、素早く対応する訓練を行います。
この様な読解力と聴解力を培うために必要な「文法事項」についても、その知識の確認と定着をはかります。
最終的には英語を頭から読んで(聞いて)理解できるようにしましょう。
達成目標
/Course Goals
受講者が以下5点の目標を達成することを念頭に、この講義は進められます。
1.幅広いジャンルの英文に慣れ、英語を頭から理解するよう努めるようになる。
2.実践的な英文法が身につくことで、受講当初より正確に英文を理解できるようになる。
3.実践的な英文法が身につくことで、受講当初より速い読解と聴解ができるようになる。
4.自分で理解した英文の内容を、自分の言葉で説明できるようになる。
5.幅広い分野の英文読解とその内容の討論を通じて、大学生としての教養と視野の幅を広げる。
授業内容
/Course contents
1.  Unit1  Arts  文の構成
2.  Unit 2 Fairly Tales  主部を見分ける、 Unit 3 Historical Figures目的語になるもの
3.  Unit 4 Job Hunting 補語になるもの
4.  Unit 5 Love 基本五文型、Unit 6  Health 完了時制、句動詞
5.  Unit 7 Shopping 知覚動詞、使役動詞
6.  Unit 8 Entertainment  修飾語になるもの 句のレベル
7.  Unit 9 Things Japanese  修飾語になるもの  節のレベル
8.  Unit 10 Household Work 代名詞、Unit 11 Sports 比較構文
9.  Unit 12 Folklore 文の伝達方法、 Unit 13 Personality  仮定法
10. Unit 14 Sightseeing  倒置
11. Unit 15 Customs and Traditions 同格 挿入など
12. Unit 16 Environmental Issues  否定の表現法  、 Unit 17 News and Newspapers 分子構文
13. Unit 18 Advanced Technology  無生物主語
14. Unit 19 Foods  文と文の関係
15. Unit 20 Pets  パラグラフ、エッセイの構成と展開
使用教材
/Teaching materials
JACET Listening Study Group (2013) 『Power-up English-Intermediate リスニングからリーディング』 南雲堂
成績評価の方法
/Grading
平常授業での貢献 50 %
期末試験   50 %
成績評価の基準
/Grading Criteria
秀(90-100)-講義にたいへん積極的に参加をしている。講義で扱う英文(読解と聴解)の内容を非常によく理解できている。講義で扱う英文法の知識を十分に習得し、それを十分に応用することができる。
優(89-80)-講義に積極的に参加をしている。講義で扱う英文(読解と聴解)の内容を十分に理解している。講義で扱う英文法の知識を習得し、それを応用することができる。
良(79-70)-講義によく参加をしている。講義で扱う英文(読解と聴解)の内容をよく理解している。講義で扱う英文法の知識を習得している。
可(69-60)-講義に過不足のない程度に参加をしている。講義で扱う英文(読解と聴解)の内容を理解している。講義で扱う英文法の内容を理解している。
不可(59以下)-講義への参加意欲が低く、講義で扱う英文(読解と聴解)の内容の理解が不十分である。英文法の理解が不足している。
履修上の注意事項
/Remarks
指定教材、ならびに英和辞書もしくは英英辞書は必携しましょう。
予習は必ずしてきましょう。
備考
/Notes
英検、TOEFL TOEIC等の検定問題へ対応できるように工夫もしてあります。
したがって、検定試験の準備としても利用できるでしょう。
TOEIC 380-700点の学生が対象です。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る