シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 英語IA(E101A)【基礎】
担当教員(所属)/Instructor 大島 稔 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 外国語科目等
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 月/Mon 1
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 1
研究室番号/Office 大島 稔(研究室 Office   $353
e-mail: moshima@res.otaru-uc.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 大島 稔(前期  月曜日 14:30~16:10 e-mailにて事前予約が必要)
更新日/Date of renewal 2015/02/13
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
時事的な話題である温泉、就職・雇用、環境、健康、レトルト食品、未来の車、などトピックが多岐にわたる新聞記事を教材にし、大学英語の基礎となる「聴く」技術を中心に「話す」「読む」「書く」の4技能を身につけることを目的とする。語彙、内容理解、語法、文法、表現を確認する問題が用意されているので、予習は必須である。
達成目標
/Course Goals
最低TOEIC 450レベルの英語能力を達成することを目標にする
授業内容
/Course contents
第1週      オリエンテーション、Rhythm Reading、
第2週       Pre-test
第3~4週    Unit 1   Getting into Hot water
第5~6週    Unit 2   Tips for University Students
第7~8週    Unit 3   What Happens to Our Trash
第9~10週   Unit 4   To your Health
第11~12週  Unit 5   It’s in the Bag
第13~14週  Unit 6   Cars of the Future
第15週     定期テスト 100問(Listening + Reading)
使用教材
/Teaching materials
語彙・文法の予習教材、聴解問題、聞き取り・穴埋め, 確認テスト、読解・作文の自主製作教材を使用し、Manabaシステムを用い onlineで配布する
成績評価の方法
/Grading
授業における毎回の確認テストと定期試験の総合得点により成績を評価する
成績評価の基準
/Grading Criteria
秀(100~90) 語彙、文法、聴解、作文に関し秀でた理解力が認められること。
優(89~80)  語彙、文法、聴解、作文に関し優れた理解力が認められること。
   良(79~70)  語彙、文法、聴解、作文に関し十分な理解力が認められること。
   可(69~60)  語彙、文法、聴解、作文に関し最低限必要な理解力が認められること。
不可(59点以下)
履修上の注意事項
/Remarks
(1) online教材に用意された問題の予習は必須である。
(2) 成績評価について「基礎クラス」であることから、語彙レヴェルも内容のレヴェルも低くしてあり、それに伴い「秀」「優」の数が比較的少なくなるように評価する。
備考
/Notes
授業における指示・説明は英語で行う
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
授業の方法等
/-
対話型あるいは双方向の授業、情報機器、視聴覚機器を使用する授業

科目一覧へ戻る