シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 健康スポーツ a5
担当教員(所属)/Instructor 体育教員 (商学部) , 石崎 香理 (商学部) , 花輪 啓一 (商学部) , 細川賢一 (商学部) , 安田 貢 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 金/Fri 2
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 1
研究室番号/Office 花輪 啓一
オフィスアワー/Office hours 花輪 啓一
更新日/Date of renewal 2015/02/19
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
≪軽スポーツコース≫担当:石崎
 本授業では、生涯スポーツの中で、数種類の種目を設定し、生涯にわたり手軽にスポーツ活動が続けられるよう、積極的に身体を動かし、健康的かつ活動的に体力作りを行うことを目的とする授業である。身体を動かすことの楽しさや協調性、またその重要性も体得することを望まれる。

≪硬式テニスコース≫担当:花輪
 テニスは体の素早い反応と瞬発力を必要とするスポーツで、しかも技術もかなり難しく、初心者がいきなり自分の思ったところへ打てることはまずない。しかし、テニスの基本をしっかりマスターすれば、あとは自分の体力に合ったテニスができ、生涯に渡って楽しめるスポーツです。つまり、健康つくりや生涯スポーツとして最適な種目の一つです。
本コースでは初心者および初級者を対象にテニスの基本的な技術とルールを習得し、楽しいゲームができることを目標に展開する。

≪ソフトボールコース≫担当:細川
 スポーツを通して、学生の心身共に健全な人格の育成、自主的に運動を行うことにより自らを鍛え且つ楽しみ大学生活を豊かなものにし、生涯にわたって健康な生活を過ごすことのできる知識・技能・態度の体得やスポーツを楽しみながら実践していく基礎を養成する。

≪バレーボールコース≫担当:安田
 本コースの目的は、1)バレーボールを実践できるようにし、「からだ」を動かすことの楽しさを知ること、2)生涯にわたって自らの健康や体力に配慮し、それらを保持増進していくために必要な習慣を身に付けること、3)バレーボールを通して、他者との協調性を養うことです。
 授業ごとに各技術に焦点をあてた分習法を実施し、個人の技術力アップを図ります。最終的には全習法であるゲームの中でレシーブ・トス・アタックの3段攻撃が展開できることを目指します。
達成目標
/Course Goals
≪軽スポーツコース≫担当:石崎
 生涯にわたり手軽にスポーツ活動が続けられるよう身体を動かすことの楽しさや協調性を学ぶ

≪硬式テニスコース≫担当:花輪
 フォア―・バックストロークの基本を習得し、最低でもグランドストロ-クでゲームができることを目標とする。

≪ソフトボールコース≫担当:細川
 ソフトボールにおける、バッテイング・ピッチング・キャッチング・フィールデイング等の、基本技術と基本練習を身につけ、チームでの連係プレーが習得できることを目標にし、ルールを理解しながら、相手チームとのゲームを楽しく実践できるようにする。

≪バレーボールコース≫担当:安田
・バレーボールの特性、ルールやマナーを理解し、必要な技術を習得する。
・基礎体力の保持増進のため、バレーボールを通して身体を動かす習慣をつける。
・ゲームや仲間との協調性を通じて、バレーボールの楽しさを知る。
・各自の体力水準を把握し、自己の健康管理に生かす。
授業内容
/Course contents
≪軽スポーツコース≫担当:石崎
 2週ごとに種目を変えて、各種目の基本動作からゲーム展開までのルールを学ぶ。また、各自が自主的にまた協力し合い、用具の設定を行う。
〈種目〉ミニソフトバレーボール・ミニソフトテニス・ユニバーサルホッケー・アルティメット・インディアカ・ダブルダッチ・クリエイティブダンス・バドミントン・バレーボール・バスケットボール・ドッヂボールなど行う。
≪硬式テニスコース≫担当:花輪
1) テニスの歴史と用具
2) テニスの初歩的技術の習得(ボールとラケット操作に慣れる)
3) ストロークの基本の習得(ラケットの振りと姿勢)
4) グランドストローク(フォアー・バック)の習得
5) グランドストロークでの実践的練習(半面コートを使用)
6) ボレーとサービスの初歩的技術の習得と実際
7) ゲームにおけるポジションのその役割の解説
8) ゲームの展開の仕方とルールの解説(プリントを用意)
9) 授業の後半は主にゲームが中心となる

≪ソフトボールコース≫担当:細川
①.基本技の習得
  ボールの握り〜投げかた
  キャッチング〜スローイング
  ピッチング、バッテイング
  守備等の各種基本知識と基本技練習
②.ルールの理解と実践
③.試合

≪バレーボールコース≫担当:安田
1)様々な課題を提示したパス練習
2)サーブ練習
3)班編成・試しのゲーム
4)円陣パス・三角パスの練習
5)スパイクのフォームおよび技術練習
6)手挙げスパイクとレシーブの練習
7)ネット越しのスパイク練習
8)レシーブ→トス→アタック3段攻撃の練習
9)9点・12点・15点・18点・21点マッチのゲーム
10)ルール・審判法・初級者に合わせたルールの検討
使用教材
/Teaching materials
≪軽スポーツコース≫ 本コースで必要とされる用具類は、すべて健康スポーツ担当教員側で用意する。但し屋内用運動靴に関しては各自用意すること。
≪硬式テニスコース≫ 本コースで必要とされる用具はすべて健康科学科で用意するが、自分専用のラケットを持っている人は持参した方が望ましい。また、テニスシューズは各自が用意すること。使用するコートはオム二コート(全天候型)2面、クレーコート1面を使用する。雨天時は第1体育館の1面を使用する。
≪ソフトボールコース≫ 本コースで必要とされる用具類は、すべて健康スポーツ担当教官側で用意する。但し、屋内用および屋外用運動靴に関しては各自用意すること。(雨天時には、屋内用運動靴が必要。
≪バレーボールコース≫ 本コースで必要とされる用具は、健康科学科で準備するが、バレーボールシューズ(屋内用シューズ)は各自で用意すること。
成績評価の方法
/Grading
≪共 通≫
・成績評価は総時間数の3分の2以上を出席(遅刻、見学、早退を含む)し、それぞれのコース授業への出席をもって評価の対象とし、その対象者の受講態度および実技の到達度を参考に以下の基準で評価する。
成績評価の基準
/Grading Criteria
≪共 通≫
「秀」:全て出席し、受講態度と実技試験等の到達度が9割以上に評価されたもの
「優」:9割以上出席し、受講態度と実技試験等の到達度が8割以上に評価されたもの
「良」:8割以上出席し、受講態度と実技試験等の到達度が7割以上に評価されたもの
「可」:7割以上出席し、受講態度と実技試験等の到達度が6割以上に評価されたもの
履修上の注意事項
/Remarks
≪共 通≫
・傷害保険の加入の義務について、健康スポーツ履修者は、学研災(学務課)または個人保険に必ず加入する事
・全コースとも健康診断・オリエンテーションは出席点に含まれる
・全コースとも共通実施種目として「体力テスト」を行う。
・コース決定後の変更は認められない。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る