シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 健康スポーツ a2
担当教員(所属)/Instructor 体育教員 (商学部) , 花輪 啓一 (商学部) , 厚東 芳樹 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 月/Mon 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 1
研究室番号/Office 花輪 啓一
オフィスアワー/Office hours 花輪 啓一
更新日/Date of renewal 2015/02/19
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
≪硬式テニスコース≫担当:花輪
 テニスは体の素早い反応と瞬発力を必要とするスポーツで、しかも技術もかなり難しく、初心者がいきなり自分の思ったところへ打てることはまずない。しかし、テニスの基本をしっかりマスターすれば、あとは自分の体力に合ったテニスができ、生涯に渡って楽しめるスポーツです。つまり、健康つくりや生涯スポーツとして最適な種目の一つです。
 本コースでは初心者および初級者を対象にテニスの基本的な技術とルールを習得し、楽しいゲームができることを目標に展開する。

≪バドミントンコース≫担当:厚東
 本授業は、社会人として「健康に対する正しい知識と実践力を身につけ、自己の健康管理能力を備えた心身共にバランスのとれた人材教育を施す」ために開講した健康科学科目の実技編として位置づけたものである。そこで、以下3点の能力向上を授業の目的とする。
(1)スポーツを通じてコミュニケーション能力を向上させることで、とりわけ精神的な健康に対する実践力を高める
(2)バドミントンに関わる基本的な技能と知識を向上させることで、いつでも・どこでもバドミントンを楽しむための実践力を高める
(3)バドミントンのルール・マナーだけでなく、社会人としての最低限度のルール・マナーを身につける
達成目標
/Course Goals
≪硬式テニスコース≫担当:花輪
 フォア―・バックストロークの基本を習得し、最低でもグランドストロ-クでゲームができることを目標とする。

≪バドミントンコース≫担当:厚東
 前半は、「障害の起きにくい動作のあり方」を理解し、説明することができることを目標とする。後半は、バドミントン競技における「良いポジショニングのあり方」を理解し、説明することができることを目標とすうる。その他、総合的に「より良い集団性のあり方」について理解し行動することができることとする。
授業内容
/Course contents
≪硬式テニスコース≫担当:花輪
1) テニスの歴史と用具
2) テニスの初歩的技術の習得(ボールとラケット操作に慣れる)
3) ストロークの基本の習得(ラケットの振りと姿勢)
4) グランドストローク(フォアー・バック)の習得
5) グランドストロークでの実践的練習(半面コートを使用)
6) ボレーとサービスの初歩的技術の習得と実際
7) ゲームにおけるポジションのその役割の解説
8) ゲームの展開の仕方とルールの解説(プリントを用意)
9) 授業の後半は主にゲームが中心となる

≪バドミントンコース≫担当:厚東
第1段階: スポーツで重要な動作のポイントについて理解することで、障害の起きにくい動作を知る(1〜3時間目)
第2段階:本授業でのドリル練習の方法、グループメンバー、およびバドミントンのルールを覚え,行動できる(4〜6時間目)
第3段階:縦割りの半面コートでバドミントンのゲーム(シングルス)ができる(7〜10時間目)
第4段階:全面コートでバドミントンのゲーム(ダブルス+シングルス)ができる(11〜15時間目)
使用教材
/Teaching materials
≪硬式テニスコース≫担当:花輪
本コースで必要とされる用具は、すべて健康科学科で用意するが、自分専用のラケットを持っている人は持参した方が望ましい。また、テニスシューズは各自が用意すること。使用するコートはオム二コート(全天候型)2面、クレーコート1面を使用する。雨天時は第1体育館の1面を使用する。

≪バドミントンコース≫担当:厚東
本コースで必要とされる用具類は、すべて健康スポーツ担当教員側で用意する。但し、屋内用運動靴に関しては各自用意すること。
成績評価の方法
/Grading
≪共 通≫
・成績評価は総時間数の3分の2以上を出席(遅刻、見学、早退を含む)し、それぞれのコース授業への出席をもって評価の対象とし、その対象者の受講態度および実技の到達度を参考に以下の基準で評価する。
成績評価の基準
/Grading Criteria
≪共 通≫
「秀」:全て出席し、受講態度と実技試験等の到達度が9割以上に評価されたもの
「優」:9割以上出席し、受講態度と実技試験等の到達度が8割以上に評価されたもの
「良」:8割以上出席し、受講態度と実技試験等の到達度が7割以上に評価されたもの
「可」:7割以上出席し、受講態度と実技試験等の到達度が6割以上に評価されたもの
 
履修上の注意事項
/Remarks
≪共 通≫
・傷害保険の加入の義務について、健康スポーツ履修者は、学研災(学務 課)または個人保険に必ず加入する事
・全コースとも健康診断・オリエンテーションは出席点に含まれる
・全コースとも共通実施種目として「体力テスト」を行う。
・コース決定後の変更は認められない。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る