シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 地域学
担当教員(所属)/Instructor 後藤 英之 (商学部) , 船津 秀樹 (商学部) , 李 濟民 (商学部) , 北川 泰治郎 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 金/Fri 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/19
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
本講義は、本学教員に加え、官公庁及び民間企業などで地域経済に深く係って来た方々を特別講師として招へいし、地域の実情を幅広いテーマで講演して頂く、オムニバス形式で進めます。地域について、経済、歴史、企業、食、IT、観光、金融、海外、文化をキーワードに、受講生が地域の実情を理解し、地域視点で物事を捉えることの重要性を自覚することを目的としています。
 また、地域経済の具体的な事例に触れ、これから本学で何に興味を持ち学ぶのか、今後の修学のヒントを得る機会にもなると思います。
達成目標
/Course Goals
・地域経済に関する基本的な知識を学び、理解できる
・地域の課題を理解し、その解決手法を考える能力を身に付ける
授業内容
/Course contents
(1)  オリエンテーション
(2)  北海道経済①
(3)  北海道経済②
(4)  北海道のデジタルインテリジェンス
(5)  北海道の企業経営
(6)  北海道の金融①
(7)  北海道の金融②
(8)  北海道の食①
(9)  北海道の食②
(10) 北海道の観光①
(11) 北海道の観光②
(12) 地域の歴史
(13) 地域と海外
(14) 地域の魅力
(15) 講義のまとめ
使用教材
/Teaching materials
テキストの指定はありません。
毎回の講義時に、各講師からの資料が配布されます。
成績評価の方法
/Grading
「事前課題(事前レポートと事前アンケート)」「講義参加(質疑など講義への積極的参加)」「事後課題(全ての講義終了後、興味を持ったテーマ一つを選択しレポートを提出)」により評価します。
・各回の講義(事前課題+講義参加)+最終レポート (事後課題)
・秀:90点以上、優:80〜89点、良:70〜79点、可:60〜69点、不可:59点以下
履修上の注意事項
/Remarks
 事前課題の提出方法、成績評価の方法などを説明するので、オリエンテーションには必ず出席してください。
社会常識に反する行為(私語、携帯電話など)が見られる場合は、退室を命ずることがあるので注意してください。
ただ聞くだけではなく、講義への積極的な参加を望みます。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
授業の方法等
/-
地域(北海道)に関する学習内容を含む授業

科目一覧へ戻る