シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject グローバリズムと地域経済
担当教員(所属)/Instructor 江頭 進 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 水/Wed 1
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/03/03
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
この講義は,昭和30-40年代の小樽に関する歴史・社会・風俗・文化を調査することを通じて,地域の特性や課題を洗い出すことをテーマとする。
達成目標
/Course Goals
本調査を通じて,大学での勉強で必要とされる能力のうち,課題発見力,社会調査法,さらに正しい日本語の表現方法を身につけることを目指す。
授業内容
/Course contents
 本講義は,フィールドワークを中心としたアクティブラーニング形式の授業である。したがって,講義の時間外に自分たちで学習に費やす時間が多い。特に,本講義の後半に行う小樽市民に対する聞き取り調査は講義時間だけでは収まらないと思われるので,グループごとに時間を調整して課題をこなすことになる。

使用教材
/Teaching materials
小樽観光大学校編(2014)『おたる案内人:小樽観光大学校認定検定試験公式テキストブック(改訂版)』小樽観光大学校。
成績評価の方法
/Grading
経済学科の基準に準じる。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
1 2015/4/8 オリエンテーション
2 2015/4/15 資料の調べ方
3 2015/4/22 小樽の歴史講義①
4 2015/5/6 フィールドワーク①
5 2015/5/13 小樽の歴史講義②
6 2015/5/20 フィールドワーク②
7 2015/5/27 グループディスカッション
8 2015/6/3 取材の方法①:取材の流れ
9 2015/6/10 取材の方法②:聞き取りの方法
10 2015/6/17 取材を行う①
11 2015/6/24 取材を行う②
12 2015/7/1 取材結果のまとめ方
13 2015/7/8 取材結果をまとめる①
14 2015/7/15 取材結果をまとめる②
15 2015/7/22 終報告書の作成
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る