シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 基礎ゼミナール 杉山
担当教員(所属)/Instructor 杉山 成 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 月/Mon 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/03/06
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
この授業の目標は二つあります。一つは「ゼミナール」への習熟です。具体的には、資料の探索、発表資料の作成、効果的なプレゼンテーション、建設的なディスカッションの進め方等、この形式の学習に参加する上で必要とされる基本的スキルの習得を目指します。もう一つの目標は、題材として扱うさまざまな心理学的テーマについてお互いの意見を交換し議論することによって、人間に対する理解を深めていくことです。
達成目標
/Course Goals
本科目の履修を通して獲得が期待される能力・技能は以下の通りです。
1.ゼミナールにおいて、適切に資料作成、プレゼンテーション、ディスカッションをすることができる。
2.心理学の知識を活用して、人間をより深く理解することができる。
授業内容
/Course contents
あらかじめ決められた担当者が担当内容についてのレジュメ(抄録)を作成した上で発表を行い、それに基づいて全体での討論を行います。そのほか必要に応じて、グループワークや集団討論、ディベート等を取り入れる予定です。扱うテーマとしては、「血液型性格診断は正しいのか」「なぜ夢をみるのか」「ゲームは脳に悪い影響を与えるのか」「無気力からの脱出法」等を計画しています。
使用教材
/Teaching materials
教科書は使用せずに、その都度、参考文献を紹介します。
成績評価の方法
/Grading
平常点(出席状況、担当部分の発表内容、他の発表者の回における討論参加度)によって、授業目標の到達度を評価します。
履修上の注意事項
/Remarks
受講者は最大で16名とします。もし受講希望者がそれを越える場合は、志望動機書(800字以内・様式自由)を提出してもらい、それによって受講者を決定します。受講希望者はオリエンテーションに必ず出席してください。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る