シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 化学I
担当教員(所属)/Instructor 沼田 ゆかり (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  前期/Spring Semester
開講曜限/Class period 金/Fri 4
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office 沼田 ゆかり(化学研究室
)
オフィスアワー/Office hours 沼田 ゆかり(月曜日 14:30〜18:00)
更新日/Date of renewal 2015/02/17
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
我々が日常使う食品、衣料品、電化製品はもとより、地球、生き物、そして我々自身、あらゆるものは物質でできており、化学は生活を支える役割を果たしている。このため、化学に関する正しい知識は理系・文系を問わず、すべての人に必要である。本授業では高校で化学を深く学ばなかった人でも理解できるよう、化学の基礎を平易に解説する。必要に応じてパワーポイントを活用して説明を行う。
本科目の履修を通して、獲得が期待される能力・技能は以下の通りである。
・化学の基礎知識を習得し、簡単な化学の計算ができる。
・授業で扱う分野の基本的な原理や法則が理解できる。
達成目標
/Course Goals
・気体や溶液の濃度に関する基礎的な計算問題を解くことができる。
・原子の構造、化学結合について理解できる。
・酸と塩基に関する基礎的な知識を習得し、簡単な計算問題を解くことができる。
・酸化・還元反応と酸化数の変化について理解できる。
授業内容
/Course contents
 ・原子の成り立ちと周期律
 ・化学結合と物質の構造
 ・物質の三態と相平衡
 ・化学反応の速さと平衡
 ・酸と塩基
 ・酸化と還元
使用教材
/Teaching materials
新版 教養の現代化学(三共出版)
成績評価の方法
/Grading
期末に行う定期試験に加え、受講状況とレポートにより評価を行う。
成績評価の基準
/Grading Criteria
上記評価方法により総合的に評価を行い、授業内容を完全に理解し、受講状況とレポートが極めて優れている場合を100とし、以下の基準に従い成績を評価する。
 秀:90〜100
 優:80〜89
 良:70〜79
 可:60〜69
 不可:59以下
履修上の注意事項
/Remarks
化学の知識を学ぶと同時に、科学的なものの考え方である「筋道を立てて考える論理的な思考」も習得できるよう、心がけること。
化学は知識の積み重ねが必要な学問である。初学者が授業内容を理解するためには、高校で化学を学んだ人よりもある程度の努力が必要であることに注意すること。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る