シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 政治学II
担当教員(所属)/Instructor 大場 崇代 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 火/Tue 5
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/04/01
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
 本講義は政治学Ⅰで学んだことを前提として、「政治社会」としての国家とナショ
ナリズムについて、ならびに現実の政治の課題について考えようとするものである。
達成目標
/Course Goals
 これからの政治の課題や国家のあり様について考え、概説できる。
授業内容
/Course contents
1.  国家 ①範疇
2.     ②形態 ⅰ
3.     ③   ⅱ
4.     ④グローバルとローカル ⅰ
5.     ⑤                      ⅱ
6.     ⑥民族問題 ⅰ
7.     ⑦       ⅱ
8.     ⑧ナショナリズム
9. 現実政治の課題 ①女性の政治参加 ⅰ
10.         ②        ⅱ
11.         ③高齢者の政治参加
12.         ④司法と政治
13.         ⑤一般国民の政治的態度 ⅰ
14.         ⑥           ⅱ
15.まとめ
使用教材
/Teaching materials
山本佐門 著 『現代国家と民主政治』(北樹出版)
成績評価の方法
/Grading
 定期試験(70%)、小テスト(20%)、講義への参加のなど(10%)
により評価する。
成績評価の基準
/Grading Criteria
総合点が90〜100点は「秀(A)」、80〜89点は「優(B)」、
70〜79点は「良(C)」、60から69点は「可(D)」、59点以下は「不可(F)」とする。
履修上の注意事項
/Remarks
 政治学Ⅰを履修していることが望ましい。
 予告なく小テストを行う。
 日常的に一般新聞などのメディアに取り上げられた政治・経済・社会
に関する出来事に関心を持って接してほしい。
※受講申請学生が座席数を超えた場合、教務課において抽選し受講学生数を調整する。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る