シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 日本文学II
担当教員(所属)/Instructor 中村 史 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 月/Mon 5
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/02/23
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
 この授業は題して「古典文学の世界Ⅱ(伝奇編)」とし、日本の文学と文化の一端を知っていただくことを目的としています。日本の古典文学作品、『古事記』『日本書紀』『万葉集』『大和物語』『平家物語』『雨月物語』等の幾つかを取り上げます。また、口承文芸をも視野に入れ、インドや中国他の外国文学の作品との比較の視点を持ちつつ授業を進めます。
達成目標
/Course Goals
 日本の古典文学について自らよりよく知るようになる(それによって人生がより楽しいものとなれば一層望ましい)。機会があれば他の人にもそれを伝えることができるようになる。そういったことを目標としています。
 海外に出たときに、日本のことを話そうとしても知らなければ話すことはできないでしょう。
授業内容
/Course contents
・オリエンテーション
・海幸・山幸、または、ヤマタノヲロチ→『古事記』『日本書紀』
・浦島の文学→『日本書紀』『万葉集』〜『御伽草子』〜国定教科書
・処女塚・求女塚(をとめづか・もとめづか)→『万葉集』『大和物語』ほか
・一条戻橋→『平家物語』『三国伝記』ほか
・菊花の約(きっかのちぎり)→『雨月物語』
*状況を見て予定を変更することはあり得ます。
使用教材
/Teaching materials
 テキストはとくに定めず、プリントを配布します。レポート用図書は購入していただきます(後日授業中に指示)。
成績評価の方法
/Grading
 履修者の状況を見て最終的に決定します。基本的には定期試験+レポート+小テスト(数回)により、定期試験30〜40%、レポート20%、小テスト40〜50%の比率の予定です。定期試験とレポートのみでは合格点(60点以上)に達しません。定期試験とレポートいずれかを欠くと合格点に達しません。また、小テストは授業時間中に適宜、予告なく、数回課すものですが、小テスト出席の機会を多く失うと合格点に達しない可能性が高くなります。この授業では出欠を取りませんが、小テストの出席回数は授業そのものの出席回数を反映するものと判断します。
 定期試験、レポート、小テストにおいて、それなりの努力をし、まずまずの評価を得ていることが可(60点以上)の目安です。より努力のあとの見える小テスト答案をより多く提出し、定期試験の答案やレポートをより誠実に作成していれば、良(70点以上)、優(80点以上)、秀(90点以上)となっていきます。
履修上の注意事項
/Remarks
 古典文学を対象とする授業ですので、履修者は、古典文法を修得しており、かつ、古文・漢文を一定以上読めることが必要となります。
 
 履修希望者は必ずオリエンテーションに出席してください。オリエーションの際にのみ得られる情報もあります。
 
 
 電子メールで履修や成績評価等の重要な事柄について連絡をする場合には必ず大学から与えられているメール・アドレスを使ってください。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る