シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2015/04/08 現在

科目名/Subject 心理学II
担当教員(所属)/Instructor 杉山 成 (商学部)
授業科目区分/Category 昼間コース 共通科目
開講学期/Semester 2015年度/Academic Year  後期/Fall Semester
開講曜限/Class period 金/Fri 3
対象所属/Eligible Faculty
配当年次/Years 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
研究室番号/Office
オフィスアワー/Office hours
更新日/Date of renewal 2015/03/03
授業の目的・方法
/Course Objectives and method
基礎科目では、心理学を初めて学ぶ学生のために、基本的な理論や概念の解説を行います。心理学Ⅱでは、パーソナリティ心理学・発達心理学の領域を中心に、考え方や行動の個人差と心理的適応の関連について解説します。基本的に講義形式で進めますが、必要に応じて心理テストの実習やグループワーク等も行う予定です。
達成目標
/Course Goals
本科目の履修を通して獲得が期待される能力・技能は以下の通りです。
1.心理学的観点を身につけることによって、主観や直感とは違った観点から自己を洞察する。
2.心理的適応のメカニズムへの理解を通して、現代社会におけるたくましい生き方について考える。
授業内容
/Course contents
1.オリエンテーション
2.パーソナリティの理論  :自分を知るということ・類型論と特性論
3.パーソナリティの測定  :心理テストの形式と要件・テスト実習
4.人間関係の発展        :対人魅力・人間関係の段階モデル
5.コミュニケーション    :積極的傾聴の方法・対人葛藤の解決
6.メンタルヘルス        :ストレスのコントロール・精神疾患の理解
7.ライフサイクルと適応  :ライフサイクル理論・キャリア発達
使用教材
/Teaching materials
教科書は使用せず、適宜参考文献を紹介します。また、資料プリントを配布します。
成績評価の方法
/Grading
学期末に行う筆記試験と授業への参加状況、授業内・授業外レポートの内容を総合し、授業目標の到達度を評価します。それぞれの配分は筆記試験(50%):参加状況(10%):レポート合計(40%)です。
履修上の注意事項
/Remarks
基本的な受講マナー(遅刻をしない、私語をしない、教室内を歩き回らない、携帯電話を使用しないなど)を守れない学生の受講は禁じます。また、履修希望者が教室の収容人数を超過する場合には、教室の収容人数にもとづいて抽選による履修制限を行なう予定です。履修制限の手続きについては、前期の履修登録期間に連絡しますので、学生連絡室の掲示に十分注意してください。この手続きを行わない場合には、履修登録をしても受講できません。
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません

科目一覧へ戻る