第3回JAIST金沢駅前セミナー「プレイスブランディング」(主催:北陸先端科学技術大学院大学)にて後藤英之准教授が講演します(7月25日)

第3回JAIST金沢駅前セミナー「プレイスブランディング」-地域資源を活かした観光地域づくり-にて、後藤英之准教授が『北海道後志地域における地域資源の観光化』について講演をいたします。

開催概要

北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)では、最先端の科学技術や地域の課題をテーマとしたシーズセミナーを開催しています。今回は、北陸新幹線の開通をきっかけに更に盛り上がりを見せる金沢で「観光」をテーマに、単なる“Sightseeing”に留まらない、観光分野の最新の動向や事例をご紹介します。JAISTからは、敷田教授が近年注目を集める「プレイスブランディング」という考え方についてご紹介します。

日時:平成28年7月25日(月) 15:00~

会場:JAIST金沢駅前オフィス(石川県金沢市本町2-15-1 ポルテ金沢12階)
定員:30名【申込締切:平成28年7月21日(木)】
参加費:無料(※意見交換会参加費1,000円受付時にお支払いください)
お申込方法:チラシ申込書をダウンロードし、北陸先端科学技術大学院大学産学官連携総合推進センターへお申込下さい。

≪プログラム≫

15:00-『観光化する産業と地域:プレイスブランディングとは何か』
北陸先端科学技術大学院大学知識マネジメント領域教授 敷田麻美氏

15:35-『クリエイティブツーリズムについて』
株式会社ノエチカディレクター 高山健太郎氏

16:00-『北海道後志地域における地域資源の観光化』
小樽商科大学CGS産学官連携推進部門准教授 後藤英之氏

16:35-『インバウンド対策における金融機関の活用方法』
株式会社北陸銀行地域創生部副部長 吉村茂樹氏

17:00-意見交換会(立食形式)

主催:国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学産学官連携総合推進センター

このほか、詳細は北陸先端科学技術大学院大学産学官連携総合推進センターのHPをご覧下さい。