研究成果発表合同シンポジウム「国際化時代における肉用牛肉質改良の展望」開催のお知らせ(3月19日):お申込締切を16日(水)まで延長します

一般社団法人 ミート・イメージ ジャパン、国立大学法人 小樽商科大学、国立大学法人 帯広畜産大学は国際化時代におけるこれからの畜産を考えるために研究成果発表合同シンポジウム「国際化時代における肉用牛肉質改良の展望〜高付加価値の肉牛生産に向けて〜」を開催いたします。
多数のご来場をお待ちいたしております。


日時:2016年3月19日(土) 13:30-17:30(受付開始12:30)

会場:札幌全日空ホテル 3階 鳳の間(札幌市中央区北3西1)(アクセスはこちら:全日空ホテルのサイトです)

参加費:無料

定員:300名
※当日は、受付にて名刺を1枚、頂戴いたします。
※定員に達した場合、受付を締め切らせていただきます。

お申込期限:2016年3月16日(水) *延長いたしました。

 

お申込・お問い合わせ先:小樽商科大学ビジネス創造センター
TEL:0134-27-5290
FAX:0134-27-5293
e-mail moo☆office.otaru-uc.ac.jp(☆を@に置き換えて下さい)
チラシ・お申込書のダウンロードはこちら 

プログラム

第一部基調講演
・我が国における肉用牛肉質改良の展望  菊池 淳志 氏(農林水産省 生産局畜産部 畜産振興課畜産技術室長)
・我が国の牛肉輸出の現状と今後に向けて  菱沼  毅 氏(公益社団法人 中央畜産会 顧問)

第二部研究報告
・国産和牛肉の新しい肉質評価の可能性  口田 圭吾(帯広畜産大学 畜産衛生学研究部門 教授)
・国産和牛肉の海外展開可能性について  李  濟民(小樽商科大学 ビジネス創造センター長)

第三部パネルディスカッション

新しい牛肉質の評価・改良法について

ファシリテーター:
後藤 英之(小樽商科大学 ビジネス創造センター 准教授)
パネリスト:
青島 正泰 氏(公益社団法人 日本食肉格付協会 専務理事)
鹿野  淳 (一般社団法人 ミート・イメージ ジャパン 副理事長)
菊池 淳志 氏(農林水産省 生産局畜産部 畜産振興課畜産技術室長)
口田 圭吾 (帯広畜産大学 畜産衛生学研究部門 教授)
櫻井  保 氏(独立行政法人 家畜改良センター 十勝牧場長)
菱沼  毅 氏(公益社団法人 中央畜産会 顧問)
李  濟民 (小樽商科大学 ビジネス創造センター長)

司会:フリーアナウンサー 掛橋愛理

主催: 一般社団法人 ミート・イメージ ジャパン、国立大学法人 小樽商科大学、国立大学法人 帯広畜産大学

後援: 北海道、公益社団法人 日本食肉格付協会、公益社団法人 中央畜産会、ホクレン農業協同組合連合会、十勝農業協同組合連合会、一般社団法人 北海道酪農畜産協会、独立行政法人 家畜改良センター十勝牧場、公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)、北海道銀行、北洋銀行、北陸銀行、北海道新聞社、日本農業新聞、十勝毎日新聞社