産学官連携研究成果報告会(3月25日)のご報告

小樽商科大学ビジネス創造センター(CBC)産学官連携研究成果報告会を開催

 3月25日(金)にACU [アキュー](札幌市中央区北4条西5丁目,アスティ45内)にて「平成22年度
小樽商科大学ビジネス創造センター(CBC)産学官連携研究成果報告会」を開催しました。
 今回は,「観光におけるIT活用」をテーマとして,2本の報告とパネルディスカッションを行いました。参加者は約50名で,
「今後の実用化への期待」や「商店街活性化の必要性」について意見が寄せられました。スマートフォンの実演も好評で
した。
プログラムは以下のとおりです。

● i-vacsによる地域活性化の取り組み ~狸小路商店街を舞台として~
   近藤公彦 (小樽商科大学大学院アントレプレナーシップ専攻教授)
● スマートフォンを活用した観光情報サービス ~小樽運河エリアを事例とした新しい取り組み~
   深田秀実 (小樽商科大学社会情報学科准教授)
   兵藤雄二 (NTTコムウェア株式会社)
● パネルディスカッション「観光におけるIT活用」
   近藤公彦
   深田秀実
   菊池 恒 (北海道商店街振興組合連合会副理事長・
          札幌市商店街振興組合連合会理事長・札幌狸小路商店街振興組合理事長)
   土門 亨 (オフィスITM代表・小樽商科大学CBC学外協力スタッフ)
   司会 : 海老名 誠 (小樽商科大学ビジネス創造センター長・教授)

DSC00817new

 

 

 

 

 

 

近藤公彦教授

 

DSC00827news

 

 

 

 

 

 

深田秀実准教授

 

DSC00839news

 

 

 

 

 

 

 兵藤雄二氏

 

DSC00863newsパネルディスカッション

左より海老名誠センター長,菊池恒氏,土門亨氏,深田秀実准教授,近藤公彦教授