澤田芳郎ビジネス創造センター教授・副センター長が北海道食連携研究会で講演(5月29日)(終了)

澤田芳郎ビジネス創造センター教授・副センター長が、
北海道食連携研究会の6次産業化経営スタートアップ講座
「産学連携コーディネータの仕事術」~京大=早大=黄桜~共同開発ビールの事例をまじえて~
をテーマに講演します。

【日 時】平成26年5月29日(木)18:30~20:30
【場 所】札幌アスティ45 16階1605号中会議室 札幌市中央区北4条西5丁目
【プログラム】
開 会 18:30
挨 拶 18:35 北海道食連携研究会会長 荒磯 恒久
講 演 18:45~20:05
質疑応答・名刺交換会 20:15~20:45
交流会 21:00~23:00(会費3,000円程度)
【テーマ・講 師】
「産学連携コーディネータの仕事術」
~京大=早大=黄桜~共同開発ビールの事例をまじえて~
澤田 芳郎氏(小樽商科大学ビジネス創造センター教授)
*2006年4月13日、京都の黄桜酒造株式会社が「ホワイトナイル」と称するビールを開発した。開発は京都大学、早稲田大学との共同。ビールは京大で保存されてきた古代種小麦を原材料の一つとするもので、プロジェクトの背景には当時の京大総長の高度な広報戦略があった。京大で産学連携に携わり、本件も担当した澤田芳郎氏が経過を紹介し、また産学連携の変容に伴うコーディネータの機能分化を論じる。
【参加料】500円
*会員のみ無料
*定員になり次第締め切ります。
【対象者】テーマに興味のある一般の方。
北海道食連携研究会・会員及びサポート会員
【お申し込み方法】
氏名、貴社(団体)名、部署・役職、連絡先(メールアド
レス)記入の上、下記までメールでお願いします。
北海道食連携研究会 事務局 村田 murata@hosr.jp