【終了しました】「地域文化と観光資源シンポジウム」を開催します(11月12日)

「地域文化と観光資源シンポジウム~ドラマを契機とし、地域の歴史や文化などの資源を活かした魅力ある観光を考える~」(主催:連続テレビ小説「マッサン」応援推進協議会 共催:小樽商科大学グローカル戦略推進センター、文部科学省 地「(知)の拠点)を開催いたします。
このシンポジウムは、「マッサン」の放送をきっかけとした余市町やその周辺での観光資源化の事例や道外先進地の取り組み事例などを通して、地域の歴史、文化などの資源をより効果的に活用し、魅力ある観光をめざすための方策などについて、基調講演とパネルディスカッションにより考える内容となっています。
基調講演を当センター研究支援部門地域経済研究部の高野宏康学術研究員が、またパネディスカッションのコーディネーターを産学官連携推進部門の後藤英之准教授が行います。
皆様のご来場をお待ちしています。

日時:2016年11月12日(土) 13:30~15:45(開場13時)
会場:余市経済センター 2Fホール
余市町黒川町3丁目114番地(余市商工会議所) TEL.0135(23)2116
*施設に駐車場はありませんので、お車で来られる方は臨時観光駐車場(旧協会病院跡地)又は黒川町営駐車場(有料)をご利用下さい。
定員:100名(入場料・申込不要)

プログラム
・開会行事  13:30~
・基調講演  13:40~
演題:「歴史文化の観光資源化と地域経済~余市と小樽での竹鶴政孝・リタ夫妻の観光資源化の取り組みから」
講師:高野 宏康( 国立大学法人小樽商科大学グローカル戦略推進センター研究支援部門地域経済研究部)

・パネルディスカッション 14:15~
パネリスト:
山田 智嗣氏(広島県竹原市観光協会理事)
江川 忠氏(福島県会津若松市観光商工部商工課長)
伊藤 二朗氏(余市観光協会マネージャー)
高野 宏康 (基調講演講師)
コーディネーター:
後藤 英之 (国立大学法人小樽商科大学グローカル戦略推進センター産学官連携推進部門 准教授)

主催:連続テレビ小説「マッサン」応援推進協議会
共催:小樽商科大学グローカル戦略推進センター、文部科学省 地「(知)の拠点
後援:余市町、(一社)余市観光協会、余市商工会議所、北後志各市町村、北後志各観光協会、北後志各商工会議所・商工会、北海道後志総合振興局、札幌市、北海道新聞社余市支局

くわしくは、チラシをダウンロードして下さい。