「北洋銀行ものづくりテクノフェア2012」へ出展いたしました(報告)

小樽商科大学は平成24年8月7日(火)開催の「北洋銀行ものづくりテクノフェア2012」(主催:北洋銀行、会場:札幌コ

ンベンションセンター)に出展いたしました。当日の様子をご報告いたします。

 【小樽商科大学の出展ブース】

 

 

 

 

 

本イベントは平成19年より開催され、今年は過去最多の172社・団体の出展、来場者数も約3800名にのぼりました。

小樽商科大学は「産学官金連携」コーナーに出展し、大学紹介のほか、3名の教員の活動をポスターとモニター映像で

展示いたしました。

山本眞樹夫学長からは「小樽商科大学の役割~連携すれば文殊の知恵~」というメッセージを頂戴しました。

 【ポスターとモニター映像】    【学長メッセージおよび本学紹介ポスター】 
写真中 中村秀雄教授
大学院アントレプレナーシップ専攻
「超実践国際取引」
写真右 木村泰知准教授
商学部社会情報学科
「小樽駅デジタルサイネージ」
写真左 深田秀実准教授
商学部社会情報学科
「AR(拡張実現感)を用いた観光情報提供システム


【当日の様子】

当日は、李濟民センター長・澤田芳郎副センター長・北川泰冶郎准教授・木村泰知准教授・今野茂代助手・企画評価室丸山亨介係長・研究協力係高山慎太郎係員が参加し、多くの来場者に対応いたしました。
また、学部やOBS卒業生の方も立ち寄られ、充実した情報交換が行われました。

【ものづくりテクノフェア2012看板】

 

【小樽商科大学のぼり】

 

【MBAポスター】