「ビジネスEXPO」に出展いたしました(ご報告)

小樽商科大学は2012年11月8日~9日の2日間にわたり、「第26回北海道技術・ビジネス交流会(ビジネスEXPO)」(会場:アクセスサッポロ)に出展しました。

今年のテーマは「北海道価値創造!~つなぐ力で未来へ~」でした。

今回は、291社・団体が参加し、来場者数も2日間で17,033人にのぼりました。

小樽商科大学のブースは、「学術・試験研究機関展示ゾーン」に出展し、ポスター、パンフレットによるビジネススクールの紹介のほか、ポスターとデジタルサイネージを駆使して、教員と学生の活動を行いました。

3台のモニターに引き寄せられ、実際にパンフレットを持って行ってくださる方や、小樽のPRをしている学生に関心を持ってくださった方もいらっしゃいました。

さらには、小樽商科大学OBの方、OBS卒業生の方にもお声をかけていただきました。

当日対応した李濟民センター長(写真右)、北川泰冶郎准教授(中央)、今野茂代助手(左)

(写真右) 中村秀雄教授ゼミの「超実践国際取引」

(写真中) 木村泰知准教授ゼミの「小樽駅デジタルサイネージ」

(写真左) 深田秀美准教授ゼミの「AR(拡張実現感)を用いた観光情報提供システム」

来場者からの質問にはこれまでのイベントの内容や活動実績を含め説明しました。