イベント・お知らせ

大津ゼミが「地方創生☆政策アイデアコンテスト2016」 最終審査会のファイナリストに選出されました お知らせ

大津ゼミが,内閣府地方創生推進室等が開催している「地方創生☆政策アイデアコンテスト2016」(応募総数699件)のファイナリスト10組に選出され,最終審査会に出場します。

今回選出された大津ゼミの政策提案は,昨年,北海道経済産業局及び(株)北海道銀行,(株)道銀地域総合研究所が開催した「北海道☆RESASデータ分析フォーラム」での,専門家のアドバイスを踏まえブラッシュアップを行ったものです。

なお,詳細については,本コンテストHPをご覧ください。

 

【コンテストの概要】

 地域経済分析システム(RESAS:リーサス)を活用して自らの地域を分析し,地域を元気にする政策アイデアを広く一般から募集したもので,地方予選,全国1次書類審査を経て,ファイナリストが決定しました。

 

【大津ゼミの政策提案】

 テーマ:岩内町 超積極戦略で“稼ぐ力”をパワーアップ

 (分析自治体:岩内町,ニセコ町)

 

【最終審査会】

 日 時:平成29年1月21日(土)12:30~15:30(予定)

 会 場:東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール

      (東京都文京区本郷7丁目3−1)

 その他:最終審査会及び表彰式の様子は,ライブ配信される予定です。(要申込)

      https://contest.resas-portal.go.jp/2016/

 

20170127seisaku-01.jpg
受賞式の様子(提供:北海道銀行)
    

ページの先頭へ