イベント・お知らせ

【学長メッセージ】本学飲酒死亡事故から1年をむかえて お知らせ

昨年5月7日、本学グラウンドでバーベキュー・パーティーを行っていたアメリカンフットボール部で、参加していた部員のうち9名が救急搬送され、うち入学したばかりの1年生部員(未成年者)1名が急性アルコール中毒で亡くなるという痛ましい事故が発生しました。あれから1年が経ちます。改めて、亡くなられた部員のご冥福をお祈りし、ご家族に衷心よりお悔やみを申し上げます。

本学では、2度と不幸な事故を繰り返さないという決意をもって、事故直後より学内を全面禁酒とするとともに、考えうる様々な対策や啓発活動を講じてきました。また、本学での事故は、全国の大学が改めて学生の飲酒事故防止に注力する契機になったように思います。

この飲酒事故の後、本学では再発防止に向けて有識者からなる第三者委員会を設置しご提言を頂きました。頂いたご提言の趣旨は、規則や監視を強化することによる再発防止には限界がある。何よりも大事なのは、学生一人ひとりの自覚を促し、意識を高める方策を模索すべきだということでした。いま、学生自治会が、自らの問題として飲酒事故防止に向けた取り組みを積極的に行っています。

今後も、本学は5月7日の記憶を決して風化させることなく、再発防止に全力で取り組みます。皆様のご理解と御協力を賜りますよう、宜しくお願い致します。

 

小樽商科大学長 山本 眞樹夫 

    

ページの先頭へ