小樽商科大学 > 附属図書館
マイクロ資料の利用について(3階マイクロ資料室)
 

 マイクロ資料(Micro-forms)とは? 

  • マイクロ資料(Micro-forms)とは、写真的に、又はその他の手段によって、透明あるいは不透明な材料上に肉眼では読めない程小さく縮小した複写物のことです。いかなる形体、内容の情報も収録が可能で情報の縮小化により、膨大な資料の保管・輸送費の節約ができ、紙製資料本体よりコストが安価なことから、近年の情報電子化以前は資料保存の代表的手段として導入されました。
  • 本学附属図書館が所蔵するマイクロ資料の形体には、主にマイクロフィルム(microfilm)と、マイクロフィッシュ(microfiche)があります。マイクロフィルムは、図書・雑誌・新聞・図面等を縮小撮影したもので、主に幅35oのロール状フィルムが使われています。マイクロフィッシュは、標準サイズ105×148oのシート状フィルムに資料の各ページを縮小撮影(A4版図書で約60ページ分)したものです。
  • 図書館所蔵のマイクロ資料については、マイクロ資料所蔵一覧蔵書検索サービスでご確認できますが、資料によっては未入力のもの、会社名・年代等の識別情報が必要なもの等、検索・調査に時間を要する場合もありますので、詳細やご不明な点については事前に図書館へお問い合せください。
    主なマイクロ資料としては、明治から昭和初期の「小樽新聞」、「北海道新聞」、「朝日新聞(東京版)」の各新聞、「有価証券報告書(昭和20〜30年代)」、「旧植民地関係資料」の一部のほか、「American Banker, 1980-94」、「GATT documents」等があります。
      
 マイクロ資料の利用方法 (要申込み)
  • マイクロ資料は、図書館3階「マイクロ資料室(使用時以外は施錠)にあり、専用の映写装置(マイクロフィルム/フィッシュ・リーダー、リーダープリンター)を利用して、閲覧・複写することができます。ご利用希望の方は、マイクロ資料所蔵一覧で必要な資料の有無をご確認の上、館内閲覧・図書請求票に必要事項を記入して、利用時間内に閲覧カウンターにお申し込みください。本学蔵書検索サービスでも検索できますが、一部目録未登録の資料があります。
  • 映写装置は1台限りです。また、フィルム・フィッシュの形体別に器具をセット(交換)する必要があります。確実にご利用いただくために、できるだけ事前(平日の日中)に資料形体を確認の上、ご利用予定日時資料名を附属図書館閲覧係(閲覧カウンター)にお知らせ(予約)願います。
  • ご利用できる時間:
    1.本学学部学生(研究生、科目等履修生等を含む)、学外利用者
        平日: 8:45 〜 16:45

    2.本学教職員、名誉教授、大学院学生、特別閲覧者、指導教員が保証する学部学生等
        平日: 8:45 〜 21:30 (休業期間は、16:45迄)
        土曜: 10:00 〜 19:15 (休業期間は、16:45迄)

        日曜・祝日: 10:00 〜 16:45
        ※ マイクロ資料室の開放時間は、平日8:45〜16:45です。 夜間・休日の利用時はカウンターへお申し出ください。

    サービス時間は都合により変更する場合があります。ご来館の前に開館カレンダーでご確認ください。
複写について

・ マイクロ資料の複写は、併設のリーダープリンターにて印刷ができます(有料)
・ 複写の際は、備付けの「文献複写申込書」に必要事項を記入し、プリンターのカウント表示で印刷枚数をご確認の上、図書館カウンター係員に提出してください。
・ 複写料金は、セルフサービスで1枚10円(A4, B4)です。(職員受託の場合は、1枚につき、学内者15円、学外者35円)
・ 複写料金の支払い手続きは、図書館参考係からお知らせ(夜間・休日開館時は後日通知)します。
・ 図書館資料複写の際は、著作権法第31条で定める範囲内(詳しくは、「図書館のコピー機と著作権」)でお願いします。
・ その他、ご不明な点については、下記へお問い合せください。

 ご連絡・お問い合わせ先 

  〒047-8502 
    小樽市緑3丁目5番21号 
    小樽商科大学附属図書館
  • 学術情報課 利用者支援係 [閲覧予約・資料問い合わせ]
      電話: 0134-27-5273 FAX:0134-27-5278
      Mail :メールアドレス

 
Copyright (C) 2017 Otaru University of Commerce Library. All Rights Reserved.